岡山市の給食委託候補校明らかに

ホーム ホームへ
<6月8日の複数の新聞報道(地方版)によれば>

 岡山市の戸村彰孝・市教育長は七日開かれた市議会本会議で、市教委が検討している学校給食の民間・PTA委託について「二学期からの試行に取り組みたい」とし、実施の候補校を明らかにした。

 候補校としてあげられたのは、民間委託は藤田中(同市藤田)と馬屋下小(同市松尾)、PTA委託は富山中(同市海吉)と鹿田小(同市大供表町)の計四校。市教委保健体育課は「学校関係者や保護者らと話し合いを重ね、試行ができるよう理解と協力を求めていきたい」としている。

4校の選定理由について、市教委保健体育課は「いずれも(給食委託の話が出た)前年度の市PTA連合会長を務めていたり、校長会の役員をしていて理解が得られやすい」と説明している。委託方法などは今後検討するが、献立や食材は市が決定したものを使用する。4校の調理員計12人は、9月にも配置転換する方針。

 学校給食の民間・PTA委託については、数校の小、中学校で四月からの試行を検討していたが、関係者らとの調整が十分に行われておらず、先送りになっていた。

ホーム ホームへ