成人式も顔負け? 都教育長に「帰れ」

ホーム ホームへ
日教組教研集会、都内で始まる 成人式も顔負け? 都教育長に「帰れ」 2001.01.28 読売新聞 東京朝刊 38頁  

 日教組の教育研究全国集会が二十七日、東京都内で始まった。江東区の有明コロシアムで行われた全体集会では、祝辞を述べた横山洋吉・都教育長が、会場の一部教員らから「帰れ」「悪魔」などと暴言を浴びせられる場面があった。

 同集会では、開催地の教育長が来賓としてあいさつするのが慣例。だが、横山氏が壇上に立つと、散発的に「引っ込め」などとヤジが飛び始めた。同氏が、「指導力不足の教員には適切な対応が必要。ごく一部でも、児童・生徒への悪い影響があるとすれば看過できない。早急に対策を立てなくてはならない」などと発言すると、一部の教員らがさらにエキサイト。「おまえは間違っている」「ヒトラー」「悪魔」などと叫び、数人が声をそろえて「帰れ」と連呼するなど、約四千五百人(主催者発表)がいた会場は一時、騒然となった。

 東京都はここ数年、教員の「能力主義」を強く打ち出し、「指導力不足教員」を認定して研修を受けさせたり、退職勧告する制度などを導入したりしている。横山教育長はこうした動きの先頭に立っており、組合側からは、「管理強化、締め付けだ」との反発の声があがっていた。


 国会でも野次は相当なものとか、こんな先生に教えられたせい?
たしか日Pの今井会長も来賓で招かれていたはず。レデイの前で失礼ですよね。
自己表現や、対話がきちんと出来ないから”切れる”ということか。
指導力不足の教員をお上の力で排除してもらう前に、業界(教員組合)として、それなりの自己規制が必要なのでは。
ホーム ホームへ