国内初のサーカス学校/群馬県東村

ホームへ


サーカス学校、国内初オープン/群馬・ 東村

2001.09.02 毎日新聞 東京朝刊 26頁 社会  



 サーカスアーティストを養成する国内初のサーカス学校、「NPO法人国際サーカ
ス村協会・サーカス学校」が1日、群馬県勢多郡東村に開校し、大阪府や静岡県など
から20代の男女5人の1期生が入校した。

 校長の西田敬一さん(57)が兼ねるサーカス興行会社がかつて同村で公演。その
後、サーカス資料館を造った縁もあって、同村に開設された。
練習場は廃校になった小学校体育館、寝泊まりは村営住宅などと村が全面的に協力。アクロバット体操の第
一人者でウクライナのナジェージダさんらの指導を受けながら、4年間学ぶ。生徒は
随時、募集している。


【感激】
廃校になった小学校の体育館を利用するというのも、サーカス学校というのもユニーク。
消え行くそうで「どっこい生きている!」
そんな心意気が聞こえてきそうなニュースである。


ホームへ