群馬県PTA大会開催/講演で携帯電話の問題などを取り上げ
ホームへ


群馬県PTA連合会(会長 青木 公夫)は、平成14年11月19日群馬県高崎市の「群馬音楽センター」で
「第48回群馬県幼小中養護学校PTA大会を開催した。
大会は、表彰式、感謝状の贈呈の後、講演1「IT時代の子育て」(講師:群馬大学社会情報学部大学院研究科教授 下田博次氏)と講演2「私のスキー人生」(講師:オリンピックメダリスト荻原健司氏)の講演があった。
下田氏の講演は、高崎市駅前で取材した少女達の援助交際(少女売春)の生々しい録音を交えながら携帯電話やインターネットのマイナス部分について警告した。
荻原健司氏は、子供時代からの父親との交流のなかでもエピソードを交えながらスターは「生まれるのではなく作られるもの」という言葉の中に子育てのヒントがあると話した。
会場には1932名の定員のところ8割がた埋まっていたので1500名程度は出席していた。

表彰式の様子

・連合会長表彰
  ・団体表彰 47団体
  ・個人表彰 49名連合会会長特別表彰 2団体
・連合会会長感謝状
  ・平成13年度役員・理事退任者 23名
  ・同 専門員退任者        22名
・日P会長表彰
  ・団体表彰 2団体
  ・個人表彰 2名
・文部科学大臣表彰 2団体
講演1「IT時代の子育て」
講師:群馬大学大学院教授 下田博次氏

下田氏のプロフィール
愛知県生まれ、早稲田大学卒業後シンクタンク勤務から
 雑誌記者などを経て、群馬大学社会情報学部大学院研究 科教授となる。ぐんま県NPO委員会会長ののち「市民立NPOカレッジ」の初代理事長、環NPO「富士山 クラブ」副理事長等NPO活動を自ら実践、現在はFM群馬「Teens Exprese」の制作も手がけている。
○著書には「日本人とインターネット」(信濃毎日新聞社)
「サイパースペースの富」(読売新聞社〉など多数。
講演2「私のスキー人生」
講師:オリンピック金メダリスト 荻原 健司 氏
○元ノルディック複合日本代表l北野建役所鹿
01992年アルベールヒル五輪、94年のリレハンメル五輪
 の団体で連続金メダルに輝いた。その他世界選手権、長
 野オリンピックなど通算19勝
  また、ワー′レドカップでも、93,94,94年に総合3連覇
 という偉業を成し遂げ「キング オフ スキー」として
 海外からも厚く指示されている。明るく・スター性を持っ
 た選手で我が国のスポーツ界の顔として活躍した。
群馬に教育学部を残す会
群馬大学の教育学部が埼玉大学に移転する事に対する反対運動の署名活動も行われました。

(取材:平成14年11月19日 金山 武)


一言
下田氏の講演のなかで、アメリカのPTAについては参加型(NPO型)で日本のPTAは動員型と言われたのが印象的でした。
市の講演のビデオの公開の許可申請中です。
許可が下りたら、皆様にもお見せできるかも。
ご期待ください。

(平成14年11月23日 金山 武)


ホームへ