アウトドアセミナー開催(参加募集)/大阪

ホームへ


大阪の渡邊さんより、次のようなメールが来ました。
参加出来る方はよろしくお願いいたします。

(平成15年2月4日 金山 武)


大阪アウトドアフェスティバル実行委員会の渡邉 隆と申します。
このたび大阪府ほか在阪5府県の教育委員会ならびに
(財)大阪府青少年活動財団などのご後援をいただき、
中学、高校教職員を対象とした無料のセミナーを3月1日(土)、
大阪市住之江区にて実施する運びとなりました。

セミナーは「自然を生かした“学び”の発見」
〜アウトドア体験学習による授業・教育旅行の可能性〜というもので、
教育活動を支援できる良質な野外活動、アウトドア産業界が提供できる
先端の野外教育プログラムなどの事例報告、利用提案などです。
定員は100名(教育関係者に限る)で募集締切は2月15日(土)、参加費は無料
です。
自然を生かした野外教育にご関心ある方のご参加をお持ちしております。
くわしくは公式サイト
http://www.tvo-event.com/03of/03semi.htm
をご参照ください。

●アウトライン
期日:3月1日(土)12時30分より
会場:大阪市住之江区ATC O's棟南館6Fコンベンションルーム2
主催 :大阪アウトドアフェスティバル実行委員会、テレビ大阪
後援:大阪府、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、兵庫県教育委員会、
京都府教育委員会、(財)大阪府青少年活動財団、大阪府キャンプ協会

参加費:無料/ただし教育関係者のみ

定員:100名

対象:中・高校教職員ほか教育関係者

申込締切:2月15日(土)
*希望者多数の場合、受講をお断わりする場合があります。ご了承ください。
*中学、高校教職員など教育関係者のみを対象としたセミナーです。
本文 


一言、二言
 昔、青少年赤十字でキャンプの訓練をやったことがあります。
キャンプとともに救急法などの講習や手旗信号の講習などがあって結構役に立ちました。
赤十字青年奉仕団では、ワークキャンプということで、植林した山に入って下草刈などもしたことがあります。

人間を育てるのには、暖かい衣類と、豊かな食事では駄目で、寒いこととヒモジイ事を経験させる必要があると言っている事を聞いたことがあります。
 今のキャンプはどうなんでしょうか。
バンガロウに止まって、親達は酒飲んで、子供達は徹夜でポケットゲーム機で遊んでるなどというのが結構多いように思います。
 やはり、キャンプをする教育的な目的をきちんと捕らえて行う必要があると思います。
 主催者の顔ぶれを見ると、キャンプ用品の単なる展示会ではないと思います。
とりあえず、紹介しておきますが、内容を良く確認して参加していただければと思います。

(平成15年2月4日 金山 武)


ホームへ