戒厳令下の台湾と60年ぶりの国共合作

ホームへ


平成17年4月30日 産経新聞

【北京=河崎真澄】中国訪問中の台湾の最大野党、中国国民党の連戦主席は二十九日、北京の人民大会堂で中国共産党の胡錦濤総書記(国家主席)と会談した。国共トップ会談は一九四五年の「重慶交渉」以来六十年ぶり。両党は会談で敵対関係に終止符を打ち、対話推進による中台の平和共存を目指す方向で一致、五項目からなる新聞コミュニケを発表した。 
 胡主席は冒頭、「歴史的な一歩を踏み出し、両党交流は新たな段階に入った」と指摘。両党は今後、「(中台)両岸関係が和平、安定、発展に向けて前進するよう努力すべきだ」と呼びかけた。
 これに対し連主席は、台湾に広がる独立志向が招く中台間の政治的緊張を「非常に遺憾」とした上で「対決や衝突は避け和解と対話を進めなければならない」と応じた。
 国民党側の説明によると、両党は会談で、中断している中台対話の再開促進▽敵対状態を終結させ、平和協定の締結促進など五項目の共通認識で一致し、これを盛り込んだ新聞コミュニケを発表した。台湾の世界保健機関(WHO)へのオブザーバー参加問題に関しても、中国側から「優先的に討議し、解決方法を探る」との前向きな発言があったとした。
 会談に先立つ同日午前、連主席は北京大学で講演し、現状維持を前提に中台間の協力拡大を重視する考えを繰り返し主張。「(両岸の)互恵と和平の堅持はわれわれの歴史的責任だ」と述べ、独立を志向する陳水扁政権を牽制(けんせい)した。ただ、中国の政治改革に関しては「両岸の距離は縮まった」としながらも、改革推進による中台間の格差縮小を求めた。
     ◇
 中国国民党 1894年に革命家、孫文がハワイで設立した政治結社・興中会が前身。中国同盟会などを経て国民党に改組。国民政府を樹立して中華民国に独裁支配を敷いたが、1921年に設立された中国共産党との間で2度の提携(国共合作)を結んだ。戦後の内戦に勝利した共産党が中華人民共和国を建国したことで、蒋介石が49年末に台湾に党・政府を移転。世界最長の戒厳令を敷くなど台湾に独裁支配を敷いたが、80年代後半の蒋経国政権末期から民主化に踏み出した。2000年の総統選に敗れて野党に転落していた。


一言
 私が、1978年に台湾を訪問したときは、台湾は戒厳令下にあった。
観光での訪問であったが、いたるところに軍人がいて写真などは制限された。
列車に乗り、台湾の知人を尋ねた。
列車なども、一般用と軍人用と切符売り場が分かれていた。
ホームにもMPが何人も立っていた。

列車内では、当時珍しかった超小型小型8mm撮影機で隠し撮りをした。
列車内はほぼ満員で、通路にも人が立ってあふれていた、大混雑の中を大きな薬缶をもった車内販売の「お茶売り」が人々の中を掻き分けて移動していたのが印象に残っている。
50年以上も日本領土であり、私の知人も60歳代の人で、日本で高等教育を受けた人で大変親日的だった。

その後、彼とは台北の大衆食堂で会った。
テレビを見ながら、中国語の放送が殆どで、現地語での放送が一日1時間しかないが大人気だと話してくれた。
彼は、急に、声をひそめて、一族の殆どが、台湾になだれ込んだ国民党軍によって殺されたと言った。

彼の苗字は鄭(テイ)というのだが、国民党の圧制に抗議したために大弾圧にあい。ほとんど死刑の判決を受け殺されたとの事だった。
鄭と言うだけで差別されたが、最近は日本語の教師でやっと食べられるようになったと話してくれた。
当時は戒厳令下で、密告される危険を冒してでのヒソヒソ話であった。

上記のニュースであるが、再度の国共合作とマスコミは今にも台湾に平和が来るように騒いでいる。
しかしもともとの台湾の人たちにとっては侵略者の手打ちでしかなく、これで台湾の人たちに平和が来るのかどうか疑問である。
中国に台湾を支配する正当性があるのかどうか。

日本の歴史認識に中国がクレームをつけていますが
庶民の目で歴史を見る事も大切だと思います。
私が体験した事を紹介しました。

私の知人が、この5月から上海のホテル建設の関係で現地に出張することになり
きのう餞別を届けてきました。

帰ってきたら生の情報をまたお伝えできるのではないかと思います。


(平成17年4月30日未明 金山 武)


追)最近尖閣諸島の事を調べていたら面白い事がでていた。
中国側の文献で台湾は日本領だということがでているというのです。

//

しかし、中国が主張するように尖閣諸島が台湾に属するのであれば、尖閣諸島は明らかに日本領である。明王朝(1368-1644)の歴史を記した正史の『明史』は、1679年から着手され、60年の歳月を費やして1739年にやっと完成、刊行した勅撰歴史である。『明史』はミャンマー、ラオスについて雲南の「土司」(=外蕃)列伝のなかで同列に記述しているのに対し、「鶏龍国(けいろうこく)」(=台湾)は「日本に属す」と外国伝の日本、呂宋(ルソン島)の間に併記している。そして清代(1644-1911)の官定史書にも、台湾の領有権については、「日本に属する」と公的に記録されている。例えば、乾隆版『大清統一志』には、「台湾は古より荒服の地であり、中国と通ぜず、名は東蕃。天啓年間(1621-1627年)紅毛荷蘭夷人(オランダ人)に占拠される。(中略)台湾はもともと日本に属する」と記述している。

明治維新後の1871年、琉球の宮古島の住民66人が台湾南部に漂着し、54名が「牡丹社」という部落民に殺害され、残る12名が命からがら帰国するという「牡丹社事件」が起こった。外務卿副島種臣が1873年に北京を訪れ、清国政府と直接交渉したところ、台湾の住民は「化外の民」で「教化の及ばぬところ」とし、清国政府は事件の責任を回避した。
//
参照:尖閣諸島
なかなか面白いでですね。

(平成17年5月5日20:00 金山 武)


ホームへ