ホームへ

愛媛県の高校PTAなどが学校のための経費1億9千万円を負担?


旅費や修繕にPTA会費 愛媛の県立高52校

(共同通信) - 12月22日10時45分更新

  愛媛県の県立高校52校が2004年度、保護者が負担するPTA会費など計約1億9000万円を学校の修繕費や教員の出張旅費、備品の購入に充てていたことが22日、分かった。
  日本高等学校教職員組合(東京都)は「学校の経費は本来、県が負担すべきだ。自治体の財政難で学校の運営費が減る中、保護者の負担増につながる」と指摘。県教育委員会高校教育課は「各校がPTAの同意を得て教育活動を支援するために使っており問題ない」としている。
  同課によると、支出の内訳は家庭訪問や部活動の引率の旅費に約3100万円、雨漏りやトイレの修理などに約8500万円、事務用品の購入に約7000万円など。PTA会費のほか、生徒会費や振興会費も使われた。


【一言】 

どうなんでしょうかねー

金額が大きいですね

組合の調査なのでPTA会費と部活後援会費をごっちゃにしているかも

また大げさに誇張しているのかも

記事そのものも、県教育委員会に取材しているが、PTAには取材していないし

通信社が配信するのであればもう少し記事の品質を上げてもらいたいところだが

記者の名前も出ていないので注意のしようもないが一方的な記事の感じはする

まあ、部活については休日出勤をしても手当てが出ないので、ある程度は理解できるにしても

それにしても、全員が部活に入っている訳でもないし

雨漏りやトイレの修理にPTA会費を使うとなると論外ですね。

小さな政府ということで税以外のところで取りやすいところから取るという傾向は今後も発生する

高校での役員選びもトコロテン方式で1年の入学時に決まった役員が3年間変わらずというところが多いのではないか

金だけ出してあとはお任せ

そんなPTA会員にも問題はありそうである。

ある高校の総会資料を見たことがあるが

各学校のPTA担当事務職員(学校事務と兼務)の給与分をPTA会費から支払っているようだし

それって県にきちんと戻入されているのかなという疑問は沸いた

高校のPTA会費は小中学校に比べて金額も多いし

多い割にはきちんとした監査が行われていないことは確かなこととは思うが

組合はまあ、その金を組合員も貰っているわけだし

出所を云々するのなら、先生が貰っている部活の旅費などは、まず辞退するところからしてみたら良いと思うし

組合は何を言いたいのかな

正義の追求?

政治的な意図?

組合も結構組合費を適当に使っているところもあるし

特定の政党への献金もやっているようだし

目くそ鼻くそを笑うということかな

 

(平成18年1月6日 金山 武)

ホームへ