中絶禁止法案可決

ホームへ


<中絶禁止法案>米サウスダコタ州議会で可決、成立へ


  【ロサンゼルス國枝すみれ】AP通信によれば、米サウスダコタの州議会は24日、人工妊娠中絶をほぼ全面的に禁止する内容の法案を可決した。ラウンズ知事が署名すれば7月1日に州法成立となる。成立すれば法廷闘争に発展するのは確実で、保守派判事2人が任命されたばかりの連邦最高裁で、妊娠中絶を合法化したロウ対ウェイド判決(1973年)が覆される可能性も出てくる。
  法案は命は受胎から始まるという考えに基づき、中絶手術を行った医者に禁固5年の刑と罰金5000ドルを科す。母体を救う手術は除外されるが、レイプや近親相姦(そうかん)の結果、妊娠した女性の中絶手術も禁じている。
  共和党のラウンズ知事は24日、「中絶反対。命を守るためにできるだけのことをすべきだ」と話しており、署名する可能性が高い。州内で唯一の中絶クリニックを経営する「プランド・ペアレントフッド」は、成立したら憲法違反として提訴する方針だ。
  ロウ対ウェイド判決は、母体を救う場合を除く中絶を禁止したテキサス州法を違憲とした最高裁判決で、女性の中絶決定権を認め、妊娠3カ月以内の堕胎を合法化した。
  同判決を覆そうとする反対派は、ブッシュ2期目でロバート最高裁長官とアリート判事という保守派判事2人が任命されたことで機が熟したとみている。同様の妊娠中絶禁止法案はインディアナ、ジョージアなど7州議会に提案されている。 (毎日新聞) - 2月25日10時46分更新  

一言ふたこと
アメリカでは、中絶については最高裁判決が出た後も、国民を2分する論争がいまでも続いている。

日本での論争は、20年以上前に大論争がおきたが腰砕けに終わった。そのときの案は経済的理由による妊娠中絶を禁止しようと言う比較的ゆるい規制であったが、胎児の生命か母体の生命かという論点で、女性の社会的生命が失われるという論理が勝ったのだった。

そのとき、妊娠中絶反対側にたって運動に加わった事があるが、仕掛けた日本の宗教界そのものが、まとまってなく、勢力拡大に利用した形跡があり。このさい水子供養の拡大をはかるとか次元の低いものもあり、署名活動なども割り当てを消化すために電話帳を丸写ししたりいい加減なものだった。

少子化問題も、その論争が始まる10年以上も前から識者によって指摘されていた。

現在の、少子化対策は、子どもが減って経済的に困るから、子どもを生める環境をつくるという考え方だが、少子化の原因の捕らえ方が違っているように思う。

人間が神の領域まで踏み込み、生命を自由にコントロール出来ると思ったことがそもそもの始まりで、人間の深層心理の中に組み込まれた自己処罰のプログラムが発動したと見るべきである。

生命に対する畏敬の念が失われるとき、人類全体の自己破壊が始まるのである。

聖書にある楽園追放が暗示している。神より賢くなろうとして禁断の知恵の実を食べたときから人類は楽園をおわれ、女は子を産むとき苦しみ、男は額に汗して働かなくては喰えなくなったと書いてある。

神の恵みはいたるところに満ち満ちているのに、不足を感じる心が根本原因なのである。

昨日のテレビで経済的豊かさで幸せを感じるのは年間所得1700万円ぐらいまでで、それ以上になると金儲けが忙しくなり、金に使われるようになり幸せを感じる人が少なくなるとうグラフが出ていた。

堕胎と言う命に対する罪を犯しながら幸せになろうとしても幸せになれるだろうか?

(平成18年2月26日 金山 武)



ホームへ