愛国心が通知表の評価項目になっている

ホームへ


<愛国心>通知表評価項目に 埼玉で52小学校、愛知も

 「国を大切にする」などの「愛国心」表記を通知表の評価項目に盛り込んでいる公立小学校が埼玉県で52校に上り、岩手、茨城、愛知県にもあることが毎日新聞の全国調査で分かった。教育基本法改正案を巡る国会審議で、小泉純一郎首相は「愛国心があるかどうか、そんな評価は必要ない」と答弁したが、学校現場は既に評価へ踏み出し、全国に広がる気配だ。【まとめ・井上英介、高山純二、高本耕太】
 埼玉県内の52校の所在地は▽鴻巣市▽行田市▽熊谷市▽深谷市▽騎西町▽寄居町。茨城県内は常陸大宮市と牛久市、阿見町、愛知県は北名古屋市、岩手県では大船渡市と釜石市で「愛国心」を盛り込む事例があったが、各県での総数は不明だ。
 「愛国心」表記の通知表が見られるようになったのは、学習指導要領が02年度に改定され、小学6年社会科に「我が国の歴史や伝統を大切にし、国を愛する心情を育てるようにする」などの目標が設定されて以降といわれる。
 埼玉県行田市では市立小全16校中14校が、現行学習指導要領の施行と同時に、通知表の6年生社会科の観点別評価項目の一つに盛り込んだ。実際の記載は「わが国の歴史と政治、および国際社会での日本の役割に関心を持って意欲的に調べ、自国を愛し、世界の平和を願う自覚を持とうとする」。担任が3段階で絶対評価する。
 現行指導要領は、小6社会科の学習目標のひとつに「国を愛する心情を育てるようにする」とうたっている。通知表は校長の権限で作られ、学校ごとに異なるが、14校は事前に定めたひな型に沿って同一の表現にした。ある校長は「愛国心というより学習の意欲や態度を評価する項目だ。指導要領にも沿っており、問題はない」と説明する。
 だが、52校の中には削除を検討している学校もあり、校長たちの足並みはそろっていない。
 寄居町のある小学校の通知表の記載は「我が国の歴史に関心を持ち、それを意欲的に調べることを通して、歴史や伝統を大切にし、国を愛する心情を持とうとする」。
 これについて、昨年7月赴任した現校長は「前校長が作ったので経緯は分からないが、どういうことを『国を愛する心情』というのか判断が難しい。あいまいな部分は分かりやすく変える」と語り、現在作成中の06年度の通知表で「愛国心」を削除する考えだ。
 通知表の「愛国心」評価を巡っては、福岡市では02年度に市立小の約半数にあたる69校で実施したが、市民団体が反発し、03年度から削除された。
 国会では24日に福岡市の事例が取り上げられ、小泉首相は評価の必要性を強く否定。小坂憲次文部科学相も、野党側の「内心の自由を侵害する」との追及に「子どもの内心に立ち入って(愛国心があるかどうか)評価するものではない」と慎重な答弁を繰り返した。
 全国調査では、福岡市のほか、福井県内でも「愛国心」評価が一時期実施されていたことが分かった。他の都道府県は「把握していない」「調査していない」などと回答した。
 ▽大田尭・東京大名誉教授(教育学) 一番の問題は、学習指導要領が「国を愛する心情を育てる」ことを目標に挙げている点だ。愛国の情は個々人で違っていてもよく、評価するのは不自然。心情を画一評価することは内心の自由を侵すことになり、内面の画一化につながる恐れもある。教育基本法が改正されると、愛国への心情評価が合理化されるのではないか。
(毎日新聞) - 5月26日3時9分更新

一言
例によって、中韓に忠誠を尽くす無国籍新聞の策動が始まった。
「内心の自由」という言葉は、よい響きだが、それらの人も国の恩恵を受けている。
愛国心とはまさに、国の恩恵を受けながら自己中心的な行動を取る人間に対する戦いの中から生まれてくるものである。
だれしも、出来れば義務は少なく、貰うものは多くを望むのは自然の成り行きである。
それを、教育の力によって、公に対する義務を理解させるのが愛国心の目的である。

韓国でも、中国でも徴兵制を取っており、国家に対する犠牲を国民に求めている。
国家にただ乗りは許されない事を強制的に理解させている。
韓国も中国も、竹島や尖閣諸島に見るように領土の拡張に熱心である。
国益を実現する手段として、軍隊を使っている。

仲良くだけでは、国際社会は通用しない。
毅然たる意思を持たなければならない。
愛国心のない、国土を守る意思のない国民をもっている国はやがて領土を取られ
人も拉致され、強制労働させられても文句ひとつ言えない対場に立たされることとになる

むかしアジアの殆どは、外国の植民地であった。
そのときの悲惨さを身をもって体験したのが、韓国、中国である。
だから彼らは、熱心に愛国心教育をし、反日教育をしているのである。

むかしある政党が、敵が攻めてきたら、戦わずに白旗を掲げて直ぐ降伏してしまえば
血を流さずに済むと大真面目に言っていた。
結構共鳴する教員も多かった政党である。

いまの、教員がどうなのか。
愛国教育にしろ、道徳教育にしろそれを教える先生が
外国迎合の心をもち、道徳的に生きることを軽蔑しているのでは
愛国心も道徳心も育たないのである。

内心の自由に任せていたのでは
安易に流れ、愛国心も道徳心も育たないのである。

強制力をもって養成しなければ育たないのである。
国家に対する反逆者はいつの世にもいるのである。
なにも、積極的に「内心の自由」を保障する必要はないのである。
保障しなくても、頭の中を割って見ることは出来ない。

内心はどうあれ、国旗や国家にたいする儀礼はちゃんとしてもらわなくてはならない。
キリスト教徒は、他の宗教行事に参加したり、礼拝したりしていけないと一般的に思われているが
1936年3月に上智大学の学生が軍事教練中に靖国神社に参拝することを拒否したことにたいして
問題になった事がある。

それに対して、5月にバチカンは、「靖国参拝は宗教的行動ではないため自由に参拝して良い」との通達を出している。
もっとも敬虔なキリスト教徒だとされる大平正芳氏や吉田茂氏も靖国に参拝している。
靖国参拝は宗教行事ではなく愛国心を涵養する施設だからである。
愛国心をどのように涵養するかは、国家主権の問題である、宗教が踏み込むことは許されない。

そのような意味で、最近の靖国に対する中韓の攻撃はまさに的を得ているのであるが
国家が愛国心を涵養する施設を保持し、国民に愛国心を強制する事は主権に属することであり
他国の干渉を受けないものである。

内心の自由は自由として、愛国心の強制とは別のものである。
その意味では、子どもたちの通知表に愛国心の項目をつけることはよい事である。

共産主義者やある種の宗教団体は、インターナショナルを目指して国家を否定する傾向にある。
その線上で愛国心教育を否定するのである。
彼らの信奉する思想を推進するのに愛国心は邪魔になるからである。

日本のマスコミも多分にその傾向にある。
この記事もその影響下で書かれたような気がする。
皆さんはどう思いますか。

(平成17年5月26日 金山 武)


ホームへ