tgm1 目安箱(保存版)

平成11年2月〜11月

只今、 60 件の書き込みがあります!!

↓↓ 最新!! ↓↓

ピーポーピーポー…99年11月12日(金曜日)12時41分53秒 
by 管理者さん

ピーポーピーポー 
管理者の金山です。 
広報関係は今後、サイバーPTA全国大会の中の広報委員会におねがいしまーす。 
この一般掲示板は、分科会に入らない問題を討議する場にしたいと思いまーす。 
ご協力をお願いしまーす。 

E-MAIL 


うちの広報紙は………99年11月12日(金曜日)11時56分09秒 
by 磯江さん

磯江さんのホームページ


うちの広報紙は………99年11月12日(金曜日)11時55分17秒 
by 磯江さん

磯江さんのホームページ


皆さんの地域にはこんな公園ありますか?…99年11月9日(火曜日)11時51分44秒 
by yoshiさん

先日、PTA役員に青少年育成委員会と言う所から、お勉強会のお誘いがあったので、役員みんなで行ってきました。 
最初は「お弁当が出るらしいよ。」と言うので、「とりあえず、行ってみよっか。」程度のノリだったのですが、帰ってきてからは「へぇ〜、こんな所があったんだ。」という、驚きに変りました。 
行った所は、東京都の世田谷区にある羽根木公園と言う場所で、その公園の中の「プレイ・パーク」という、ちょっと変った公園の見学が目的でした。 
「プレイ・パーク」は、行政が管理している、いわゆる奇麗な整然としている公園ではなく、使用する者が責任を持てばなんでもして良い、子供たちの天国のような公園でした。(見た目も土がむき出しの斜面に木が植えてあって、建物は掘っ建て小屋が立っているだけでした。手作りの遊具もいくつかありました。) 
普通の公園ではできない、穴掘り、たき火、廃材を使っての基地作り、木登り、その他本当に禁止事項は何にもないのだそうです。ただし、怪我をした時は、自分の責任という事になっているそうです。 
こういう物は、行政主導では絶対にできないらしく、世田谷区も子供を持っている親たちの強い住民運動から作り上げる事ができたそうで、立ち上げるまでには、色々な人の努力があったそうです。 
現在は区の羽根木公園という施設の一角で、「プレイ・パークお世話役」の方たちが、自主運営(区からの援助は少し受けているそうですが)しているそうです。 
今回の公園の見学の目的は、「ウチの区にもこういう公園を造ろうかぁ。」と言うことだったらしいのですが、実際に「あるといいねぇ、こういう公園。」とは思いましたが、強い住民運動 
のチカラがないと、立ち上げる事ができないものなので、我が杉並区の人々がどれだけ頑張れるかなぁって思うと、カナリ、難しいものがあるかなぁってカンジです。 
その日もわたしたちの他に、静岡県のお役人の方たちが視察に訪れていらっしゃったようですが、みんな「興味はあるんだけど・・・運営は難しいかなぁ。」と思うのが本音でしょう。 
これからこの事がどのように展開していくのか分かりませんが、「お昼に出たすし弁当が、おいしかったね。」って言うのだけが、この日の収穫ではちょっと寂しい気がするので、何か良い方向に向ってくれればと思います。

E-MAIL 


みなさんへ!!…99年11月4日(木曜日)10時35分11秒 
by pion7さん

こんにちは。私もPTA広報紙については色々と考えるところがあります。 
PTAから発行している広報紙は紛れもなくPTA会員向けの内容になりますよね。 
その広報紙を地域の方々にも配布することは、「PTAは、こんな事をしてます」 
というお知らせ的な意図があると思っていますが…。 
定期的なPTA新聞は、ある程度の雛形に従ったものしか出来ないと思います。 
また、問題を提起する場合、広報紙は一手段にしかなりません。 
関係者で協議をする前の布石ぐらいと考えておいて間違いないと考えています。 
それに、もともと内容がPTA会員向けのものですから、PTAの問題を提起しても 
地域の方には無関係なことですし・・・。 
PTAと地域との関係が良好であれば有効な事もあると思いますけど、何もかも 
詰め込むのは難しいでしょうね。 
問題を提起しても提起しただけで放っておいては、何にもなりませんし・・・。 
本当に片を付けなければならない問題があるのなら、最終的には地区懇などを 
開いて協議する場を設ける…を視野に入れての問題提起でなければならないと 
思います(具体的なものを挙げれないので抽象的ですが)。 
また、PTAとして何か提起し、それを広報紙でお知らせする場合にはPTA会長も 
編集の中に加わっていないといけないと思います。 
うちの場合は、今までのPTA新聞は文化部にお任せして(相談があればその都度、 
発行前には必ず見ます)、常任ニュースは会長が編集長をしています。 
いつも思うのですが、(細部までは分からなくても)会長は運営の総括をする立場に 
ある訳ですから、新たなアクションを起こすものについて把握しておく必要がある 
と考えています。 
特に、広報紙は文字化という記録性のある触媒ですので・・・。 
 
3年間、ご苦労さまでした。 
私も今年度で小学校PTAは卒業です。 
いろいろ勉強させてもらいましたが、やっぱり最後は人間なのだなぁと深く思います。 
PTAも組織が作っているのではなく、人間が作っているんだなあと。 
ある意味でPTAも人間勉強ができる場だと思いました。 
頭を打って、いろいろ学んで、人間的に成長して…それが子供達のためになるかどうか 
は分かりませんが、それを役立てるようにするのも一つの務めかなあと。 
人が人を育てるんだ…私の経験から得たものです。 
子育ても、人が人を育てているんですから・・・。 

E-MAIL 


副会長二年目に思う…99年11月1日(月曜日)16時33分57秒 
by 杉崎恵子さん

はじめまして。だいぶ秋も深まってきました。 
暑い日も有り、寒い日も有りで体調が狂いそうな感じですけれど 
紅葉の山も楽しんでいる暇さえなく、2学期野行事は流れ 
ようやくバーザーがおわりました。後は資源回収。 
 
義務教育とは言え、PTAが財政援助をしなければ成り立たないのが 
現状のようで、学校側はバーザーや資源回収をやめさせ様とはしな 
い。教育費の予算の不足を親達に訴える。正々堂々と足りないのな 
ら集金すれば良いのに、バーザーにしても現金の寄付は受け付 
けない所をみると、本当は教育費の援助をするような活動は、して 
はいけないのでは、とかんぐってしまう。 
景気はまだまだどん底、とはいえなに不自由ない生活をして、高価 
おもちゃを、与えているのだ。そんな時代にどうして、アルミ缶や 
不用品から教育費を捻出しなければならないのか。 
と,問えば、リサイクル、ゴミ資源、地域交流、と意義を唱える。 
活動自体に問題はないとしても、目的はどうなんだろう。 
子供達に、物を大切にする心、地域の人々とのふれあう大切さをど位伝 
える事が出来ているのか疑問だ。自分達より困っている人達が大勢いる 
のが見えていない。バーザーの話し合いで、台湾大地震に対する義援金 
は愚か、地元にある、キンジストロフィーに苦しんでいる子供達に思い 
が及ぶ事は遂になかった。 
 
予算がない,時間がない。そんな中,今年も市連P主催研修視察旅行が 
行われ様としている。市内13校に対し1校あたり40000万円の負担金と 
6名の参加者を出す様にとのお達し。負担金と参加費(4000x6)合計 
64000円はPTA会費の中から支払われる。あ〜ァこれだけ有ったら 
子供の為に何か出来たのにと思う。忙しい中PTA活動に従事してきた 
のだから(自腹を切ることも多かったのだから)この位良いではないか 
と考えるべき?役目として行くのだから当然なのか。 
だとしたら、参加者は何かを学び、一般会員に対して還元する物がなけ 
ればならない。川くだりと,川の博物館 学ぼうとおもえば、出来ない事 
もないだろう。よしんば,ただの観光だとしても、市連Pバスを連ねて飲 
んで歌って、親しくなって、さあこれからますます、コミュニケーション 
とりやすくなる。子供の事だけではなく、世の中少しはよくしましょうや 
となれば、無駄ではないだろう。かなり好意的な見方をすれば。 
  
私の役割も、後数ヶ月です。個人的には得る者が多かった。 
組織の中の一人としてどう動くべきか。反対意見の堤しかた。行政の仕組 
学校における人間模様も垣間見る事ができた。 
役職があればこそ、素晴らしい講演会に出席させて頂いて、多くの感動を 
得た。確かにこの二年で私個人は変わった。それを成長と呼ぶのか、退廃 
と呼ぶのか少々皮肉な気分です。(体力と気力の衰えだろうか) 
私を取り巻く様々な環境を総合して、トータルで考えるとプラスだったの 
だろうか?この経験をただの思い出にしてしまうのは、もったいなさすぎ 
るけれど、これからの人生の目標に加えるには、いささか重く、にがにがし 
い雰囲気をかんじてしまう。 
 
PTA活動一つで熱くなっている。滑稽な姿にしか映らないのかもしれない。 
今までと同じように波風立てずに、何があっても微笑を絶やさず、穏やかに 
時が過ぎるのを、のぞんでいる。おおかたそうなのだろうから。 
 

E-MAIL 


なんてったって混合名簿…99年10月25日(月曜日)10時21分05秒 
by 春が、来た(春山)さん

みなさん、こんにちは。 
 混合名簿の「春が、来た」こと春山です。ついつい、ハンドルネームになっちゃうので、気がついたときだけ本名になります。 
 さて、1ヶ月前に地元紙に投稿した原稿が掲載されました。通常の声欄以外に、「日報論壇」というコーナーがあり、長めの意見を発表できます。以下、紹介します。 
 
*************************************** 
 女性にも深夜労働や長時間残業を「自由化」するなど、さまざまな問題点を残したまま労働基準法が「改正」され、この四月から施行された。また先の国会では、男女共同参画社会基本法が全会一致で成立した。その精神は、男女の平等の実現であり、戦前の明治憲法下では選挙権もなく、契約の当事者にさえなれず、学校の参観日も、父兄参観日と言われていた、こうした女性の無権利状態からの解放、人としての平等の実現であろう。 
 学校教育の現場でも、家庭科、体育の一部など男女別の教科の見直しがされ、男女平等教育が進められている。しかし、我が子の通う下小路中学校では、いまだに男女別名簿であり、「男が先、女が後」という旧態依然の男優先となっている。PTAでも問題があると発言してきたが、学校の管理事項として話し合う状況にさえない。 
 盛岡市の公文書公開条例で調べると、盛岡市内の中学校はすべて男女別名簿、小学校では、上田小学校など三校で混合名簿であることが分かった。また、インターネットで「男女混合名簿」を検索すると、一五万件が該当し、教育委員会として取り組んでいるところ、全県下でほぼ百%混合名簿になった県などの例を見ることができる。そして混合名簿にするための学校側の工夫、教科により男女別の名簿を別途準備する、健康診断、班の構成の検討なども必要なようである。混合名簿にした学校の生徒の感想は、「最初見たときは少し驚いた。しかし、考えてみればこれはただ単に全員を男女関係なく一人の人間として考えて、五十音順に並べているわけで男女差別について問われている現代にぴったりの名簿だと思う」(女子)と積極的である。 
 今後、徐々に男女混合名簿が進んでいくと思われるが、教育委員会の指導を待つのでなく、せっかくの問題提起に積極的に応えていただきたい。明日からと言うわけにはいかないだろうが、私の願いは、せめて我が子の卒業式(二一世紀最初の卒業式)は、混合名簿で行なわれ、当然、入場・整列等も名簿順に行われることである。また、どういう順番がいいかは、学校長・教員だけで決めるのではなく、生徒、PTAの意見を聞いて決めるべきである。 
 先に紹介した男女共同参画社会基本法の第十条では、男女平等実現のため、職域、地域、家庭での国民の努力とともに、わざわざ「学校」を明記していることを重く受け止めたい。 
 
盛岡市 
団体役員、春山一男、四一歳 
 
 

E-MAIL 


頑張ってェ!…99年10月25日(月曜日)07時58分59秒 
by pion7さん

お早うございます。 
愚痴りたい時ってあります。 
通信の場合は不特定多数の方が見ているのを考慮して、幾らか言葉を選びますけど・・・。 
人間、本当に滅入ってしまう時もあります。 
その時は愚痴っても良いのではないかなぁ。 
人間はどろどろした生き物だと思ってますから。 
だからこそ、キラリ!と光るものを追い求めるのじゃないでしょうか? 
ホント、真摯に生きている方はキラキラ輝いて見えます。 
そんな人、私は好きです! 
だから、私もそうなりたい…と思っているのかもしれません。 
PTAは確かに”子供のため”という前看板があります。 
でも突き詰めていけば、自分自身のため・自分の生き方を問うている活動になる事があります。 
そんな一所懸命な親の姿を見て子供達が何を感じているのか・・・。 
問題が起きた時に親がどうするかをしっかり見ていると思います。 
これはPTA活動に限らないと私は思っています。 
少なくとも、そんな親の生き方を…少なくとも我が子は生で見ているのですから、それが 
影響を与えないはずはない・・・と。 
もし途中で挫折しても、親の涙を子供が見て何を思うか。 
単に口で言うより・・・です。 
PTA活動も人間の社会活動の一部でしかない…けど、生身の人間の慟哭が聞こえてくる。 
その中で、輝く部分・涙の部分・怒りの部分・ひょっとして愚痴の部分も…それが社会教育 
団体としてのPTA活動だと思っています。 
私も頑張ります! 

E-MAIL 


色々とアドバイスありがとうございました。…99年10月25日(月曜日)02時49分43秒 
by yoshiさん

金山さん pion7さん 色々と教えてくださってありがとうございます。 
 
明日この事で役員間で話し合いがあると思います。多分、一般車両通行禁止が定着する為に、どのくらいの期間おまわりさんに立ってもらうかとか、定期的におまわりさんに立ってもらう期間とかの打ち合わせになると思います。 
 
問題の通学路は、法的にはキチンと規制がされている道です。7時30分から9時までと1時30分から3時までは、一般車両通行止めのような事は標識に書いてあるし、道沿いの居住者には「通行証」も配られています。(ミニバスが開通のおりには、標識に「路線バスはのぞく」という一文が書き加わると思います) 
どんなに規則で決められていても、みんな守らないのです。だから、おまわりさんが立てばその時だけは止めると思いますが、いなくなれば、又すぐ元に戻るでしょう。もぐらたたきゲームみたいなものでしょうから。 
かえって子供たちの方が、車から自分を守る事をしっかりお勉強しているようです。 
 
問題はどのくらい行政の言う事を信じるか?と言う事なのです。わたしはどうしても鵜呑みにする事ができないので、あがいています。 
警察が立たないと車が止められない道なのに、その警察が協力的でないことに、いささかの不安を感じているのです。 
だから、この事を役員だけで(まるで、秘密裏に)決めたくはないのです。 
確かに、会長と言うハードルはとても高いです。やはりこれは人間関係です。まだ後、半年くらいは一緒に仕事をする仲間ですから、角を立てたくないと思うのも事実です。 
彼女が行政の言う事を何処まで信じていて、どのように交渉するのかは、明日話してくれると思いますが、自分が納得しがたい事にたとえ連名であってもサインするような事にならない事を祈るのですが。 
 
わたしは今、PTA規約の改正に取り組んでいます。長い年月をかけて、役員間でナーナーでやってきてしまった結果、規約に書かれている事と実際の運営がずいぶん違ってきているのです。その事でも大きな課題を抱えています。わたしが「いいだしっぺ」なのでこの事もほとんど一人でやっています。PTAの活動の他にも、母親と妻(?)と主婦とパートとボランティアをやっているので、正直言って忙しいです。 
どれだけこのミニバス問題に注ぎ込めるか?どれだけ周囲の人をとり込めるのか? 
ミニバスの問題を話しても、人によっては、「きっと子供の方が今みたいに慣れるわょ。」なんて言われちゃうと、熱く語っている自分がアホらしく思えてきます。「もしかすると今よりは危険な道になるかもしれない。」それだけでも一般の会員に事情を説明してもよいのではないでしょうか? 
 
少しでも子供のためになるのなら、と思って始めたPTA役員なのに一番犠牲にしているのは・・・子供のような気がしています。 
思いっきりグチりました。お許しください。 
 
 

E-MAIL 


re4:会長の名前…99年10月24日(日曜日)12時29分59秒 
by pion7さん

手法としては金山さんのコメントが大変参考になるかと思います。 
後は、貴方がどこまで本気か・・・でしょうか。 
要は、何のために誰のためにするのかという事だと思います。 
時間と労力をどこまで注ぎ込めるか…注ぎ込むか。 
仲間を何人集めることができるか。 
PTA会長が動けば良いのでしょうけど・・・文面から想像するに期待できないみたいだし。 
思っている以上に大変な仕事のような気もしています。 
私としては、「頑張ってェー!」とエールを送るしかない・・・。 

E-MAIL 


re:会長の名前…99年10月24日(日曜日)11時57分33秒 
by 金山 武さん

まさきさん みなさん こんにちは かなやまです  
引用: 
----- Original Message -----  
送信者 : kanayama contents <kanayama@meshsv110.tk.mesh.ad.jp> 
送信日時 : 1999年10月22日 21:21 
件名 : もうちょっと、詳しくご説明いたします。 
 
 
> 何故、一般車両が止められないかと言うと、最近のドライバーは悪質で通行止めの柵(可動式、その道に居住している人も多く、朝はその方たちも通るので)みたいなものを立てても強引に通って行くらしく、1台に対応しているすきに、他の車が通ってしまうなどあって、無理矢理止めようとすると必ず喧嘩になってしまい、そこに立つ人たちが皆嫌がってしまうらしいのです。わたしは実際には立った事はないので、これは校長先生からのお話です。 
引用終わり: 
お話しを聞いた感じでは 
法律的にきちんとした対応をしていただく必要があります。 
第一に、その道路を時間指定の車両通行禁止にしてもらうのです。 
そして、その下に「路線バスおよび指定車両を除く」という条件をつけてもらうのです。 
つまり、通学時間は車が通ってはいけないと決めてもらう。 
その上で、規制区間内にある住民には通行証を出してもらう。 
強引に通る人は、法的に処罰出来るようになります。罰金も来て、免許の点数も減って車に乗れなくなる。 
警察も、点数になるとなれば、黙っていても取り締まってくれるようになる。 
2〜3台捕まれば、もう通らなくなるでしょう。 
警察は多分、その通行証を出すとか管理がわずらわしいので嫌がっているのだと思います。 
PTA会員の弁護士さんがいれば、法的に規制できる基準を備えているかを先に調べてもらう事も一つの方法です。 
教頭先生が何度もお願いして駄目な問題こそそPTAの出番です。 
今まで、PTAはこう言う問題について、立ち番するとかの対応しか取ってこなかった。 
日Pの会長さんも、今年の目標として「提言型PTAにしようと」ということをおっしゃっています。 
その道路に関連する、町内会長さんとPTA会長さんの名前で、町内の人達の署名とPTAの署名をつけて、市議会の議長さん(ここが大事です。議会が予算を握っているのですから、多分補正予算が必要ですから)、議会の教育担当の委員会の委員長、公安委員会の委員長さんに要望書を提出したらいかがでしょうか。 
行政がやらないことは、行政委員会に要望すれば良いのです。 
市は、議会。教育委員会は議会の「教育・警察委員会」など、警察は公安委員会などです。 
通常の行政ルートで駄目なものは、行政委員会を使うのが民主主義のルールです。 
議会の議員などは何か実績を作りたいと思っているはずです。 
多分PTAが要望した事に反対したら落選するでしょう。 
あなたが住んでいる地区の地元議員を使うのも良いでしょう。 
問題はPT内部でのハードルが越えられるかということです。 
PTA会長のタイプにも2種類あって、唯平平凡凡と、任期が終われば良いと思っている人と、何か実績を残したいと思っている人とがあります。 
先ず、自分の友人に問題提起して賛同が得られるかどうか。 
その賛同が何人得られるがが問題でしょう。総会を開けるだけの署名をあつめる。 
その署名があれば、会長も動かざるを得ないでしょう。 
そのためには、まだ現場を見てないようですので、実際に現場を見てみる。 
そして、それだけの事が必要なのかを判断する必要があると思います。 
人の話しだけでは、あなたを乗せようとしているだけかもしれませんし、会長は多分現場を見て判断しているとおもいます。 
それを覆すだけの、危険性の認識、喩えば、立ち番に立った人へのインタビューやアンケートなどの実態の把握が必要だと思います。 
それだけの材料をあつめないと人は動いてくれないのではないかと思います。 
大変ですが頑張って下さい。 
ご参考になれば 
 

E-MAIL 


やっぱPTA…99年10月22日(金曜日)21時37分41秒 
by 春が、来たさん

みなさん、こんばんは 
 
 とりとめもなく盛り上がっているようで、今日だけで3回もPHSが振動しました。 
 交通の問題は、やはりPTAで取り上げるべき課題と思います。学校の??周年記念行事のお手伝いよりも、です。そして、総会などの手続きも必要ではないでしょうか。 
 わたしも、交通問題を取り上げるよう話しましたが、駄目でした。長崎ほどではないと思います(行ったことはないが、坂が多いそうだ)が、自宅から中学校までは、大半が下り坂です。両側に歩道があり、そこを通学の自転車が疾走していきます。歩道ですから、小学生も歩いているのに、中学生、高校生、時には社会人が自転車をすっ飛ばして(おまけに、見通しの悪い左カーブまであるのに)います。地域懇談会で、この歩道も自転車通行を正式に許可とする方向だ、と警察から説明があり、それは危険なのでやめるよう言いました。ちょうど中学1年生のかかわる自転車の事故もあり、総会の折りにPTAとしても問題にしようと言いましたが、取り上げられないまま、今も歩道を小学生が歩き、その脇を自転車が・・・・。 
 こういうことは、行政から言われたからやるのではなく、PTAこそ、率先してやるべきだと思います。 
 いかがでしょうか。 
 
 混合名簿の先進地の情報、ありがとうございます。 

E-MAIL 


もうちょっと、詳しくご説明いたします。…99年10月22日(金曜日)21時21分34秒 
by 匿名希望さん

かいつまんでご説明したので、わかりにくい所があったと思いますので、もう少し補足させていただきます。 
 
その通学路は、比較的広い道の迂回路があるのです。本来ならば、スクールタイムにはその道の方を皆通る事になっているのです。ただ、通学路の方を直進するつもりの人にとっては、ちょっと遠回りになるので、朝は皆忙しいから、子供の事なんかお構いなしになってしまうのす。  
幸いにして、過去何年間もその道では事故がなかったので、わたしたちPTA役員がボーっとしていて、何処にもアピールしなくても、だれからも何も言いわれませんでした。 
そのミニバスは、予定として時速10キロ程度(ハッキリ言って歩くのと変らないのです)で走る事になるので、一般車両が乗り入れてしまうとあまり広くない道に2種類の速度の車が行き交う事になるので、今よりは危険にはなります。ただ、一時間に往復8本程度(運行開始時間が遅いので朝のスクールタイムは4本程度)しか通らないので、それほど影響はないと言う人も多いです。 
何故、一般車両が止められないかと言うと、最近のドライバーは悪質で通行止めの柵(可動式、その道に居住している人も多く、朝はその方たちも通るので)みたいなものを立てても強引に通って行くらしく、1台に対応しているすきに、他の車が通ってしまうなどあって、無理矢理止めようとすると必ず喧嘩になってしまい、そこに立つ人たちが皆嫌がってしまうらしいのです。わたしは実際には立った事はないので、これは校長先生からのお話です。 
行政は、ここを通すかわりに、こちらのメリットと思える事を下記で上げた以外に色々と言ってきています。長年、教頭先生がお願いしつづけた横断歩道の移動とか、シルバーさん(おじいさんやおばあさんでお仕事をしたい人の人材バンクの事です)をこれから先ずっと5人は主要な場所に常駐させるとか、etc。(わたしは胡散臭くて信用できないんだけど、会長以下皆さんいい所の奥様ばかりで、子羊の様に行政の言う事を信じてしまうのです) 
もし、警察を説得できないとバスの方が迂回路を通る事になり、今までお話したオイシイ話は、全部なかった事になるそうです。(だから、あなたたちも頑張った方がいいんじゃない?ってカンジ) 
それでも、先程も書いた通り、そこの道に一日でも早くバスが通る事を楽しみにしている、お年寄りも本当にたくさんいる事は事実なので(自分も年を取ったら絶対に利用すると思し)、できれば、かなえてあげたいと思うのも皆の気持ちでもあるのです。 
 
色々書きましたが、わたしは疑い深いので、オイシイ事を言われれば言われるほど、アヤシイと思ってしまい、ハッキリ言ってみんなの邪魔者かな? 
これだけの選択をするのだから、臨時総会でも開いてよいのではと思うのですが、会長にはそのつもりはないらしく、行政もできるだけ話が大きくならない事を願っている感じです。 
 
それでは、ご意見をよろしくお願いいたします。 
今年は、年度の始めの先生の実名投書に始まり、本当にいろいろあります。 
 
 
 
 

E-MAIL 


re:会長の名前…99年10月22日(金曜日)16時41分13秒 
by 金山 武さん

こんにちは Yosiさん 
 
引用: 
その道は、以前に学童擁護さんや先生方が立っても、車が止められなかった道です。どう考えても警察にお願いしないと、止めるのは無理だと思います。  
そこで行政側からわたしたちPTAに、「この道にミニバスを通す事に賛成したので、スクールタイムに警察に立ってもらって、一般車両を完全通行禁止にして欲しい。」のような要望書をPTA会長の名前で書いて欲しい、と言ってきたのです。  
最初に聞いた話とはちょっと違ってきたので、わたしたち役員も何処まで行政を信用してよいのか、又、行政からお願いしてもらえば、警察はわたしたちの要求をキチンとかなえてくれるのか、心配にになってきました。  
引用終わり: 
良く状況がわかりませんが、何故、車の通行を止められないのしょうか。 
元々その道はある意味で、生活道路というか、そこを通らないと支障があるのではないでしょうか。 
そうであるとすると、ミニバスとの関連で交通止めにしてもらっても解決しないのではないかと思います。 
根本解決には、別に道を作らなければならのではないでしょうか。 
その辺をお伺いしたいのですが。 
それによって対応は違ってくるのではないかと思います。 
 
 

E-MAIL 


re:会長の名前…99年10月22日(金曜日)14時06分02秒 
by pion7さん

yoshiさん、こんにちは。 
なかなか難しい問題を抱え込んだみたいですね。 
本来、メールで自分の思うところを送れば良いのでしょうけど、敢えて公開の形 
で私の所見を述べたいと思います。 
 
1.行政がミニバスを通す計画を持ち上げた真意は? 
2.学校の前のスクールゾーンを違反で通り抜けている一般車両がある。 
3.過去の経緯から、その通り抜けの自動車は警察でしか取り締まれない。 
4.行政側は、ミニバス通行をすればスクールタイムに一般車両通行禁止を約束。 
5.警察はそれに対し、前例がないと反対。 
6.困った行政はPTAに要望書を出して欲しいと言ってきた。 
 
箇条書きにしてみたのですが、何かおかしいと思いませんか? 
行政の見通しの甘さをPTAに肩代わりさせてきているように私は感じました。 
責任追及の必要は思いませんが。 
 
違反車両の取り締まりは警察の仕事ですから、これは任せれば良いと思います。 
そのための要望なら筋が通ってますよね。 
前と話が違ってきたのなら、白紙撤回して最初からやりなおすか・・・。 
行政、警察、PTAそして出来れば地域住民代表の方々四者で協議してみたら 
いかがでしょうか。 
 
ミニバスを通すことと一般車両の締め出しをセットで考えるのは難しいかもしれ 
ません。 
行政、警察、PTAがそれぞれの思いでバラバラに動いているように思いました。 
協力して始めて成しえるのではないかと思います。 
同じテーブルに着いて、最初からの話をキッチリしてから前に進めていく方向で 
いかがなものでしょう。 
最後に・・・ 
「前例がない」…などは理由になりません。 
前例がないことをしないと進歩はありませんからね。 

E-MAIL 


会長の名前…99年10月22日(金曜日)12時19分23秒 
by yoshiさん

引き続いて、書込ませていただきます。 
わたしがPTAで携わっている小学校のすぐ目の前の通学路に、ミニバスが通る計画が持ち上がっています。その道は、スクールタイムに一般車両通行禁止になっているのですが、実際は1時間あたり250台くらい通っています。 
役所の方(民間のバスでなく、お役所が運行の計画を立てたバスです)からは、スクールタイムにもミニバスを運行させてくれるなら、かわりに一般車両完全通行禁止を約束してくれました。 
わたしたちも、それならば今よりも交通量が減るので、よいのではと思っていました。 
ところが、このところになって、警察は、スクールタイムに路線バスを通行させた前例がないと言う事で、この計画に反対している事が分かりました。 
その道は、以前に学童擁護さんや先生方が立っても、車が止められなかった道です。どう考えても警察にお願いしないと、止めるのは無理だと思います。 
そこで行政側からわたしたちPTAに、「この道にミニバスを通す事に賛成したので、スクールタイムに警察に立ってもらって、一般車両を完全通行禁止にして欲しい。」のような要望書をPTA会長の名前で書いて欲しい、と言ってきたのです。 
最初に聞いた話とはちょっと違ってきたので、わたしたち役員も何処まで行政を信用してよいのか、又、行政からお願いしてもらえば、警察はわたしたちの要求をキチンとかなえてくれるのか、心配にになってきました。 
会長は、自分の名前(ウチの会長さん、役員全員の連判状にしてくれ〜、って言っているんだけど)が使われる事に不安なようだし、これから先ずーーっとバスは通るのだから、わたしたちが選択した事で、今後もし事故でもあったらと思うと、悩んでしまいます。(不便な地域なので、このバスを待ち望んでいるお年寄りがたくさんいます。できればこの計画が実現するとよいとは思っているのですが) 
 
この目安箱をご覧になっている、全国の会長さん、あなたならどうしますか?ご意見をお聞かせください。 
そして、こういう事に経験がある方、お知恵を貸していただけますか?よろしくお願いいたします。 
やっぱり、PTA会長って責任が重いですね。わたしには出来ないなぁ。

E-MAIL 


PTAの協力って…99年10月22日(金曜日)11時33分31秒 
by yoshiさん

わたしたちの学校は、と言うより、周辺のどの学校もPTA会費から周年行事のために積立金をしています。 
その積立金をわたしたちの学校は、10年刻みの周年行事のために、降ろして使っているようです。(周年行事の年には、とても忙しいらしいので、PTA役員のなり手がいません。) 
110周年の時は、このお金を記念誌発行に当てたそうです。 
いつもそういう風にしているようなので、何の疑問もなく、誰からも何も言われなかったようだし、周りの学校も同じようにしているので、何にも疑っていなかったのですが、それっておかしいことなのかしら? 「春が、来た」さん、皆さん、教えてください。 
 
子供の小学校は、入学した時から男女混合名簿でした。ウチの子供に「お母さんの子供の頃は男の子の後に女の子の名前があったんだよ。」といったところ、素直に「なんで?」と言う答えが返ってきました。わたしも「何でだったんだろうね?」と誤魔化しましたが、よく考えると分ける事の方が不思議な事なのかも知れないですね。ちなみに、保健のためには男女を分けた名簿が別にあって、子供たちは先生に言われて、必要に応じて自分の番号を使い分けているようです。

E-MAIL 


みなさんへ!!…99年10月16日(土曜日)07時12分24秒 
by pion7さん

やはり、『人は意味付けを好む生き物』だと思う。 
”何故”の部分が欠落していると納得しない。 
どういう理由にしろ、意味を付けてからでないと 
人は動かない。 
そのためには、まず知る事から・・・。 
この掲示板がそれに一役買っていることは確かだ 
と私は思う。 

E-MAIL 


PTAの協力…99年10月16日(土曜日)06時34分20秒 
by 春が、来たさん

yoshiさん、はじめまして 
 
 PTAの学校行事への協力の基本的考えは、PTAとは何か、何のために存在するか、という事だと思います。学校賛助会ではないはずです。子どもたちの何ができるか、よりよい教育を含めた環境(この辺は私の研究課題です。もちろん学者ではないので、研究と言ってもそんな大げさなものではありませんが)をどう親と教師で作っていくかだと思います。 
 
 私の子どもの中学校でも、入学した年が50周年で、学校の50周年行事に協力することで、PTAも大きな力を学校のために(?)発揮したようです。協力金のお願いがありましたが、これはお断りしました(クラブ活動費は口座引き落としでしたが、自分で振り込む形式だったため、自分意志が表しやすかった)。でも、記念の合唱団をPTAや卒業生を含めて組織して、生徒と一緒に第9を歌うという企画があり、これには進んで協力しました。PTAからの参加者のほとんどはお母さん方でした。「紅白饅頭」ではない協力の仕方もあるのではないでしょうか。どなたか経験ありませんか。 
 
 みなさん、男女混合名簿のご意見、お待ちしています。

E-MAIL 


これも教育の公費負担条例のためなのでしょうか?…99年10月15日(金曜日)15時59分23秒 
by yoshiさん

わたしが携わっている学校は、今年115周年を迎えます。年度の始めには、PTA役員をしている立場上、「何かしないといけないのかなぁ」なんて思っていたので、ちょうど10年前(105周年)のPTA会長さん(この方偉くなってしまって、現役の都会議員さんをしています。)にお会いする機会があったのでうかがったところ 、「バザーをやって、今、運動会で使っている和太鼓を寄付したのよ 。」ということでした。その言葉を聞いたので、「わたしたちもバザーをやらなくちゃいけないんだ。」なんて意気込んでいたのですが、校長先生、教頭先生にご相談した所、「今はバザーはやってはいけないのよ。」と言われ、肩透かしをくいまた。  
その時は「何でいけないんだろうなぁ。」と思っていたのですが、もしかするとこれが『教育の公費負担条例』に関わる事なのでしょうか?東京都にもきっとそういう条例があるんですねぇ、きっと。 
結局のところ、5年刻みの周年行事には、区の方から一人300円がいただけるそうなので、学校からは、子供たちに航空写真を撮って下敷きにしたものを配るのですが、PTAからは、 
「紅白まんじゅう」かな・・・?まだ、何にも考えてないんだけど、どーしたらよいのでしょーねぇ。(学校からは「何にもせんでいい」みたいに言われているんだけど。) 
 

E-MAIL 


クラブ補助金…99年10月15日(金曜日)08時38分11秒 
by 春が、来たさん

 運動部への経費補助については、中学校でありました。もちろん(?)、PTAとは別組織の振興会(だったかな)での徴収、支出です。会長は、PTA会長が兼務です。1年生のPTA説明会の時に、おかしい、私は同意しない、集金するな、と直感的に変だと感じて発言しましたが、ご理解をとなだめられてしまいました。 
 現在、クラブ活動のあり方(朝練、土日の練習試合、夕方の練習、強い人がレギュラー?、等々)をPTAで取り上げていきたいと思っていましたので、このお金の問題も取り上げなきゃならなかったですね。 

E-MAIL 


RE;言わせてもらえば…99年10月15日(金曜日)02時11分14秒 
by 金山 武さん

pion7さん みなさん おはようございます 
 
教育の公費負担条例のことですね 
多分殆どの自治体にあるのでは、ないでしょうか。 
PTAが学校に対する寄付を始めたのは 
当初のPTAモデル規約の中に、学校に対する経済的な支援という項目があります。 
この、本来の意味は、自治体に対して教育の重要性を認識させて 
必要な予算を確保させる活動を行う意味です。 
ところが、それ以前にあった父兄会の活動と混同されてしまった。 
行政に働きかけないで 
自分達で直接お金を集めて学校に寄付する運動になってしまった。 
PTAはアメリカの占領政策の一貫として作られました。 
このことは、日Pの50周年を記念して作られた50年誌にのっております。 
アメリカ型民主主義では 
議会に働きかけて、予算を分捕るのが 
団体にしろ、個人にしろ普通の活動です。 
アメリカのPTAのことは、あまり良く知られていませんが 
(これは、確認していませんが。) 
任意加盟で、上部組織が下部組織を拘束するとありますから 
選挙のときに、候補者に公開質問状を出して 
各候補の教育に対する政策を出してもらって 
その比較をPTAの広報に載せる 
程度のことはやっていると思います。 
日本では、多分選挙広報以外は禁止でしょうから無理だとおもいますけれども。 
本来、民主主義社会においては 
国民が、議会(議員)に働きかけて、利害関係を調整するのが 
ルールです。 
従って、本来は学校予算の分捕りにPTAが積極的に参加する 
という、姿が考えられます。 
労働組合なども、日本の場合は特定の候補に肩入れしてしまっているが 
本来は、経済団体である労働組合がそのまでやるのは行き過ぎで 
本来は、政策の比較までだと思います。 
一方で、一切政治に参画しない 
一方で、組合が違法な政治活動をする。 
日本の政治意識は、歪んでいると思います。 
ここまでは、本来の話し。 
具体的な話しはここから 
どうしたら良いか。 
学校の必要備品については、基本的にはPTA会長名で陳情を行う事になるんですかね。 
(町内会などは、区長が盛んに陳情しています。) 
そして、広報に陳情内容を載せる。 
そんなところですか。 
一部では、PTAの寄付禁止の抜け穴として 
部活後援会なる任意団体を作って 
体協や自治会なども加えて寄付行為をやっています。 
私の中学校では、PTA会員は2000円(?)以上、一般(全)村民から300円ぐらい集めていると思います。 
大部分の人はPTA会費だと思っていますが、本当は違います。 
本当は部活後援会で、役員にはPTA役員の他に体協、区長会代表を加えています。 
試合用のユニホーム、消耗品、部活の先生の手当てなどを各部(文化部も入れて)公平に分配しています。 
別な方法として、学校でなくて教育委員会に寄付をして 
阿吽の呼吸で学校に行くようにしているところもあると聞いています。 
みなさんは どのように お考えでしょうか 
事例、そのたご意見をお待ちします。 

E-MAIL 


新広報紙発行の副産物…99年10月14日(木曜日)22時56分20秒 
by pion7さん

これは、PTA広報紙と直接の関係はありませんが、一つの副産物があったのでご報告しておき 
たいと思います。 
私のところのPTAでは常任委員会ニュースなるものを発行し、協議の内容を出来るだけ開示し 
ようとしています。 
今までに4度の常任委員会ニュースを発行してきました。 
PTAの運営を協議し、決定していく常任委員会の動きをまずPTA会員に知ってもらうこと 
・・・これを第一の目的にしています。 
協議中のもの、決まっていった経緯、決定した事項etc. 
しかし、準議事録的な意味合いを持つこうした発行紙の編集には気を使います。 
文字にすることの難しさがどうしてもあります。 
それゆえ、発行までに常任委員全員が目を通し、一々のチェックを行う作業がどうしても欠かせ 
ません。 
たたき台として上がってきたものを、各委員に目を通してもらう。 
校正が始まり・・・やがてOK!が出て発行にこぎ着ける訳です。 
過去、10回に及ぶ校正作業を行った時もありました。 
その時活躍したのが、FAX連絡網。 
インターネットではありませんでした。 
紙刷りになる発行紙では、FAXの方が簡便だということです。 
それと通常の電話…これで同じ原稿を見ながら校正が早く行えました。 
このFAX連絡網が定着するかどうか分かりませんが、思わぬ副産物に編集長でもある私はとて 
も助かっています。 

E-MAIL 


言わせてもらえば・・・…99年10月14日(木曜日)10時25分50秒 
by pion7さん

PTAの学校への寄付行為を禁止する…という市条例が岡山市にあります。 
昭和44年に施行されたと記憶していますが、金銭に限らず品物においても 
一切を認めていません。 
学校に必要な(子供の教育に必要な)ものは総て行政がやりますから、 
PTAは口出しをしてはいけない…という考えです。 
これは、干渉するな…とも受け取れます。 
解釈の仕様は様々なのですが、現実問題として捉えた場合、実行不可能な 
市条例でもあります。 
第一に、市の予算はどんどん削られていっています。 
第二に、本当に必要な所に予算配分の考慮が足らない。 
    破れて落ちそうな体育館のカーテンが何年もそのまま(あら、具体的)。 
    割れたガラス窓の修理に手続き等が幾日もかかる。(冬だったらどうするの) 
    学校によっては、教材に必要な経費が申請してももらえない。 
    学校行事なのに、会場までの子供達の交通費も支給されない。 
幾らでも事例はあげる事ができます。 
つまり、学校にはお金がないのですわ。 
でも、だからと言って積極的にPTAがそれに金品を寄付するというのは考え物だと 
思います。 
少なくとも、PTA会長に何の相談もなく会費を流用されるのは・・・。 
教育にはお金がかかるのです。 
学校環境によって程度の差こそあれ、一律に何でもかんでも「駄目!」というのは 
いかがなものか・・・と最近思うようになりました。 
一方で、家庭で不用な本類の寄付はお願いします…と言ってきました。 
私が思うところ、この市条例に教育委員会も手を焼いているのでしょう。 
過去に決めたことが、今になって足かせになっているというケースですね。 
「原則として禁止です」とは苦しい答弁ですが・・・。 
PTAのそういった寄付行為が認められないのなら、バザーや保険・アルバイト的な 
事は一切必要のないものになる…と考えて、一切の事業をやめてしまったPTAも 
あります。 
稼いだお金の使い道もないし、役員の負担もあるから、「やめる!」といえばほとんど 
の人が賛成するでしょう。 
地域住民との交流の場でもあったバザーをやめる…果たしてそれで良いのでしょうか。 
いや、良いのかもしれません。 
PTAという殻に閉じこもって、学校との関わりも断ち、地域とも距離をおいて活動 
することだって、しようと思えばできます。 
PTA会費は(事業収益も)、PTAだけのために使えばよいのです。 
教育講演会、研修費用、会議費etc. 
極論を言えば、PTA会館を学校施設の外へ自前で建ててしまえば、こんな煩わしい 
問題は起こらないのかもしれませんよね。 
でもいったい、何のためのPTAなのか? 
今、原点に返って考えてみなければならないのでしょう。 
学校への支援…というのがありますが、金品の寄付だけが支援ではないでしょう。 
精神面、人材面での支援もお金では買えない大切なものだと思います。 
これから学校も週五日制になり、学校区がなくなり、地域の特色を生かした学校作り、 
地域住民で子供達を育てる、学校開放…ますます学校への負担が増えるのは目に見え 
ています。 
その時、PTAは「学校でやって下さい」と言えるのかどうか。 
地域と学校を組織的に結びつけるのはPTAしかないと思うのですが、どうなので 
しょうか。 
PTAは民主的な組織だと思います。 
が、会長の考え方如何によって変わることもあることを肝に銘じておきたい。 
また、一部の声の大きい人たちだけの意見を採り入れたり、皆で考える情報を与え、 
時間を要するのに結論を急いで出してしまったり(これは私の反省)、運営そのもの 
に問題がある場合もあります。 
教育委員会をそこに巻き込むと、郡市区町が一律に…という事もあります。 
単Pで対応できる事は、そこで対応すれば良いとも思います。 
今まで、PTAの中だけで終わっていた事が、地域住民の方々にまで影響を与える時代 
が到来しつつある気がします。 
全国民が、学校教育あるいは子供達の教育を見つめ、関わっていく…関わっていかなけ 
ればならないのでしょうね。 
学校評議委なども構成されるようです。 
それらの中で、PTAが不必要になるのか、ますます必要になるのかはこれからの動き 
で決まっていくのかもしれません。 
ただ、組織ばかり作って魂入れず…では困りますが。 
まあ、いろいろ分かってきたところで私は今年度でおしまいです。 
こういった事を皆で(利害関係なく)話し合うことの出来るのがPTAの良いところ 
なのかなぁ…などと思う昨今ですね。 
ちょっと過激な事も書きましたけど、悪意はありませんのでご容赦を。 

E-MAIL 


PTAの由来と伝統(?)…99年10月14日(木曜日)08時23分51秒 
by 春が、来たさん

みなさん、こんにちは 
 
 地元新聞の夕刊に、「明日の歴史」というミニコーナーがあり、昨日は「1952年 日本PTAを結成」と紹介されていました。「学校・社会における児童の幸福な成長をはかることを目的に結成されたが、実際は学校への財政援助組織として発足した」とのことです。でも、これって、いまだに遺物を残しています。「教職員の餞別」です。退会した会員の餞別(たしか)という項目があり、聞いてみると教職員だけへの支給でした。小学校でも、中学校でもあり、やめていただきました。何もいわない、前例踏襲のPTA活動では、こうこともあるのですよね。 
 それから、プールの用具等の購入です。これも総会で発言し、教育委員会にも質問し、改善を求めました。教育委員会は好ましくない。PTAは、「会員用に購入していく」。疲れちゃいますね。でも、おかしなところは、正していかないと。小学校の吹奏楽器の一部もPTAの積立金で購入されています。 

E-MAIL 


皆さんの意見を聞かせてください!…99年10月11日(月曜日)00時56分08秒 
by 佐々木ひろこさん

かなり前に、卒論でPTAについて書いていきたいと書き込みした者です。 
 
以前よりはだいぶテーマも絞れてきました。 
論文の中でPTAはこれからどうなっていくべきかを書いていきたいと思っています。 
そこで、皆さんにお聞きしたいのです。 
実際にPTAに関わってきて、「ここをこうしたらいい」とか「ここが問題だ」と 
思うところはありませんか。 
PTAの現場に携わっている方、過去にPTAに携わっていた方の声を聞きたいと思います。 
 
それでは、よろしくおねがいします。

E-MAIL 


出ました…子ども!…99年10月9日(土曜日)21時56分11秒 
by pion7さん

今日、ある講演会の誘いを受けて聴きに行ってきました。 
内容は「食におけるもの」。 
現代の食生活の貧しさを指摘すると共に、その食生活を改善することによって心身の健康も得られるというものであった。 
詳しいことは記述しないけど、非常に興味深い内容でした。 
 
・・・ところが、演題が気に入らない。 
と言うか、以前にも私自身が指摘を受けたことなのですが…。 
「子どもの未来を考える会」 
講演が終わった後に質疑応答があったので、よほど言おうと思ったのです。 
まあ、論点が違うので敢えて言いませんでした。 
 
別のルートでクレームを入れてみようと思います。 
ちなみに、その講演をされた方の著作本も買ったのですが、その本の記述も「子ども」になっていました。 

E-MAIL pion7さんのホームページ


男女混合名簿をPTAで…99年10月5日(火曜日)22時00分42秒 
by 春山一男さん

みなさん、こんにちは。 
 岩手県の公立中学校のPTA役員をしています。 
 
 PTAの力で、小・中学校のクラス名簿を、男女混合名簿にしませんか。 
 
 みなさんの職場では、雇用の均等ということで、男女差がない労働条件のことが話題になっていると思います。母性を保護すべき女性にも、深夜労働を解禁する(弱い立場の女性は、深夜労働をしなければ雇用が守れない恐れがある)などの問題があるものの、採用や昇進、賃金、労働条件の面で、男女平等が進められようとしています(今年の4月から全面施行)。 
 これは、社会のあらゆる面で進められ、遅れている分野については、法律で強制力をもって改善されようとしているようです。そもそも、戦後に獲得した日本国憲法によって、性による差別も禁止されたわけですが、さまざまな慣習を含め(もちろん、父兄などという言葉も含め)、男性優位の考え方が残されてきました。これは公教育でも例外ではなく、性による役割分担を示した教科書(おとうさんは仕事、おかあさんは家で掃除、洗濯)が問題にされ、家庭科は女子だけ、体育も男女別などが当たり前にやられてきたのが、上からの改革で、共学になっています。現在では、体育の一部だけが男女別になっているようです。 
 しかし、クラス名簿はどうでしょうか。あいかわらず、「男が先、女が後」になっていませんか。仏を作って魂入れず、とはこういうことを言うのではないかと思います。でも、都道府県、市町村によって大きな違いがあります(岩手県盛岡市では公立小学校のうち3校で混合名簿、中学校はすべてが男女別名簿)が、混合名簿が広がってきています。「中学校 男女混合名簿」で検索してみて下さい。でも、多くは教職員組合の運動や教育委員会の主導で進められているようです。 
 
 この問題をPTAとして取り上げ、親と教師、もちろん生徒とともに変えていきませんか。新しい順番をみんなで考えませんか。そのためには、全国の情報交換が必要です。ぜひ、新しい掲示板を作成し、意見交換をしましょう。 
 
 

E-MAIL 


PTA新聞見てください…99年10月5日(火曜日)12時53分11秒 
by 玉さん

みなさん 
 初めまして沖縄石垣島 
 に住んでいます。 
 玉城(たましろ)といいます。 
 石垣の平真小のPTA 
 の広報を担当しています。 
  皆さんのご意見参考になります 
 ありがとうございます。 
 玉城家の新聞というタイトル 
 で平真小のPTAの新聞をUP 
 してありますのでご覧になって 
 下さい。アクロバット 4.0が必要です 
   

E-MAIL 玉さんのホームページ


たくさんのお返事ありがとうございました…99年10月3日(日曜日)21時35分00秒 
by yoshiさん

先日、「えっ、先生そんな事しちゃったのー。」を書込ませていただいた、yoshiです。 
いろいろとお答えありがとうございました。 
やっぱり、このまま終わらせないで、会長その他の役員と相談してなんらかのアクションを 
起こしたいと思います。その先生も、もしかしたら今年で移動しそうな感じもするので。 
ただ「PTA新聞」に当たるものが、当方の学校では役員が作るものではなく、広報委員会 
なるものが作成しているので、そういう企画を持ち込んだりすると、話が大きくなって 
しまい、思惑通りにいくかどうか・・・。 
(ちなみに、2学期に発行する広報紙は「身近なゴミ問題」がテーマだそうです。) 
うちの会長さん、女の人なんだけど、飲み会が大好きなので、今度お誘いしてみようかしら。 
(この前、教頭先生を誘ったら、見事にスッポカされました。) 
無礼講でフリートークOKならば、先生も心を開いてくれるかも。でも、先生との関係に 
お酒がからむのは、あまり関心しないんだけど。 
話は変わりますが、1学期の最後に行われた保護者会で、会長さんのクラスに 
「日の丸、君が代 反対」の方がいて、話し合いの時に、いきなり会長に「今度の日の丸 
君が代の法制化についてどう思いますか?」と聞いてきたそうです。 
うちの会長さんは「日の丸・君が代」について肯定的に答えたそうですが、いきなり 
聞かれたのでとっても困ったそうです。 
皆さんの学校にはこういう方はあまりいないと思いますが、関心がある方にはこの問題は 
本当に大きな問題なのでしょうね。 

E-MAIL 


県P常任委員会に出席!…99年10月3日(日曜日)00時05分55秒 
by pion7さん

今日の午後、久しぶりというか2年ぶりに県Pの常任委員会に出席しました。 
市P連(小学校PTA連合会)の会長さんが所用で出席できないため、私が 
ピンチヒッターの役を仰せつかったわけです。 
市P連で顧問という今の立場では出席資格があるとは思えないのですが、2 
年前に市P連会長として県Pの役員として在席していた経験をかってくれた 
ものだ…と思い、快く承諾して出席しました。 
なつかしい顔も見え、久しぶりの再会にちょっと立ち話も・・・。 
会合の始めに県教委から来られていた山部氏から「中高一貫教育」に関する 
講演を頂き、中3長男を持つ私として興味深く拝聴しました。 
予定されていた30分を遙かに過ぎる話でした。 
山ほどの資料が用意され、一つ一つ解説?を加えながら会合は進みました。 
この流れは、私が役員として加わっていたときと変わらずです。 
事務処理に関する資料の説明会…といえば言えなくもなく、この形を変えた 
いと考える常任委員さんもおられます。 
まあ、組織としては大きいわけで、直ぐには変わらないかもしれませんが、 
出席された委員さんから活発な意見が出るような環境作りが必要な時に来て 
いるのかもしれません。 
直々に、県P会長さんと事務局に、ある委員会から自主的な活動を申し入れた 
そうですが、その話は今回の会合では出ませんでした。 
県教委と県Pの対話の場を作りたいとかで、力が入っています。 
実は、この会合の後で懇親会があったのですが、私は晩から仕事があるので 
失礼しました。 
二次会があるのなら顔をだします…と言いながら、体力が足らなくて、仕事 
を終えた体を自宅で休めています。 
ひょっとしたら、懇親会・二次会でそのような話をされているのかもしれま 
せん。 
何はともあれ、県P会長さんには名刺も渡しているし、機会があれば会合と 
は関係なく、どこかで・・・。 
中PのH会長さんは残っておられましたから、たぶん・・・! 
そろそろ県Pにも新しい波を起こしていかなければならない時期に来ている 
のでしょうね。 
 
詳しい内容はプライバシーに関係するので書きません。 
また県Pの内情に関わるので、ぼかして書いています。 
新しい波が起こってきた時に、その意見を吸い上げ、皆で協議していく事は 
大切だと思います。 
今の県P会長も今年度限りで卒業と聞いています。 
新しい波を起こすには今年度だけでは無理かもしれません。 
来年度からの新会長の手腕に期待しておきましょう。 

E-MAIL 


Webベースのメールサービスにセキュリティホール…99年9月28日(火曜日)03時36分32秒 
by 金山武さん

みなさん こんばんは 
最近、無料のメールアドレスが貰えるWEBがありますが、どうも酷い事になっているようなのでお知らせします。 
マイクロソフトのhottmailを見たとき「あぶないな」と思いましたが 
実をいうと、2、3回使ってしまいました。 
やっぱりと言うか、パスワードなどが盗まれるようです。 
下記に、専門的なニュースが来ましたので転載します。 
ご参考になればと思います。 
 
*** INTEROP MAGAZINE ************************************************** 
 
▼Topics:Webベースのメールサービスにセキュリティホール 
 
---------------------------------------------------------- Security ---- 
 
最近、Webベースのメールサービス(Webメールサービス)に関するセキュリ 
ティ問題が話題となっている。中でも、Microsoftが運営している「Hotmail」と 
呼ばれるサービスに特有の問題が多く発見されたところから、特にHotmailが標 
的になっている格好だ。しかし、そもそもWebメールサービス自体がそれほど安 
全なものではないという指摘もある。 
 
Hotmailの安全性に関する議論は、1年ほど前にさかのぼることができる。最初 
の指摘は、メールの中にJavaScriptを含めることによって、ユーザーのパスワー 
ドを盗むことができるというセキュリティホールだった。その後、ヘッダー内に 
スクリプトを記述するといったやり方が見つかったり、あらゆるユーザーのメー 
ルへパスワードなしでアクセスできる方法が見つかった。また、それらに関する 
問題が修正されたという発表がなされる一方で、まだほかにもセキュリティホー 
ルは存在するという指摘が繰り返され、そのたびにHotmailサービスも停止され 
たため、大きな話題となった。 
 
さらに9月中旬になって、STYLEタグの中にJavaScriptを記述し、自動実行させ 
るという新しいセキュリティホールが見つかった。Microsoft(Hotmail)では、 
JavaScriptをメールの中で実行可能な状態としており、現在も全面的には禁止す 
る姿勢を打ち出していない。これがユーザーにとって大きな不安となっている。 
一方、同じようにWebメールサービスとして知られるYAHOO!メールでは、 
JavaScriptは全面的に禁止されている。こういったセキュリティホールに関する 
Microsoftの対応は、ほかの実績を見てもまったく不十分であり、Hotmailに関す 
るセキュリティホールが必要以上に大きく取り上げられるのにも一役買っている 
といえる。 
 
しかし、Hotmail以外のサービスならば安全かというと、そうではない。Web 
メールサービスはすべて、セキュリティが完全であるとは限らない。一般のメー 
ルに比べて危険度は高いといってもいいだろう。 
 
例えば、JavaScriptをまったく受け取らなくする方法については、現在対応を 
進めている段階のサービスもあり、ユーザーは注意しなくてはならない。また、 
ファイアウォールを経由し、IPを共有しながらサービスを利用しているユーザー 
どうしでは、場合によってはIPパケットを盗み見たり、他のユーザーの接続にす 
り替わって継続して利用できたりする可能性があるという。なぜかというと、 
クッキー (*1) がファイアウォール内のマシンを識別できない場合があるからだ。 
また、後者の例では、メールを読むために必要なパラメータが付いたURLに、他 
のユーザーの接続が継続している間に接続してしまえば、正当なユーザーと不正 
なユーザーを区別できないために起こる。こうした問題は、HTTPやファイア 
ウォールの仕様上、どのメールサービスでも起こり得るため、十分に注意する必 
要がある。もちろん、一般の電子メールも完全に安全だとは言いがたいが。 
 
こうしたWebメールサービスのアカウントは無料であることが多い。また、身 
分照会も厳密には行われない。したがって、プライバシーの保護に役立つ反面、 
クラッカーの活動や、スパムメール (*2) の発信元にされることも多々ある。 
プロバイダーやシステムによっては、メールサーバの設定や、あるいはユーザー 
ごとにフィルタリングを利用し、こういったメールアカウントからのメールの受 
け取りを拒否していることもある。Webベースのメールサービスは確かに便利だ 
が、利用に当たってはデメリットについても熟知しておきたい。 
 
(*1) クッキー 
ブラウザにさまざまな情報を覚えさせておく仕組みだが、Webメールではユー 
ザーのIDやパスワードをここに記録しておき、自動ログインなどを実現している 
例もある。ただし、YAHOO!メールのように、パスワードはクッキーに記録しない 
Webメールサービスもある。 
 
(*2) スパムメール 
広告やチェーンメールなど、ユーザーにとって不要、不急のメール。ダイヤル 
アップユーザーにとってだけでなく、そのメールを転送するにも、ダウンロード 
するにも、あらゆるユーザーが回線代、サーバ代を負担することになる。そのた 
めインターネット上の大きな問題になっている。

E-MAIL 


re3:えっ、先生そんな事しちゃったのー。…99年9月23日(木曜日)14時25分44秒 
by pion7さん

あぁ、金山さん…「PTA新聞で先生にインタビュー」って、それいいかも。 
企画の段階で、ちょっとアドバイスしてみようかな? 
黙ってないで喋ろうよ!…ですね。

E-MAIL 


re:えっ、先生そんな事しちゃったのー。…99年9月23日(木曜日)10時34分43秒 
by 金山 武さん

十ウン年前を思い出しました。 
入学式、そのころは、8ミリカメラで、音も出ない画面で喜んでいました。 
もう少し経ったら、大きなビデオカメラとか望遠レンズ付きのカメラとかで 
普通のものだと一歩前に出れない。 
みんなが持ってないものだと、「報道」の気分で、結構幅がきいたりして 
得意になってやってました。 
親バカなんですよねー 
今考えると、ハズカシーてとこですか。 
なんせ、宝物ですものね、親にとって子どもは 
そして、国の宝、社会の宝 
その宝物を預かって、訓育する。 
学校ってそれが基本 
「このクソガキ!」ではないんですよね! 
孫の側から離れられない、オジイチャンの気持ちわかります。 
 
いいですねー 
その先生! 
オープンが第一 
言いたいことは、どんどん言った方が良いのでは。 
風通しを良くしなくっちゃ。 
そして、理解する。 
言論の自由ってそんなことなのでは 
 
苛められても何も言えない子ども 
ナンか、親の何も言えない状況を映してませんか。 
PTA新聞も本当は、皆の気持ちを代弁するのが役目 
子どもの写真で、ごまかしてなんていないですよね。 
 
PTA新聞でその先生に、インタビューしたり 
「入学式の親の生態!」なんて特集すれば 
広報紙コンクールに入選するかも。 
 
 
 
 
 
 
 
 

E-MAIL 


re:えっ、先生そんな事しちゃったのー。…99年9月22日(水曜日)18時41分26秒 
by pion7さん

へーっ、新聞の投書欄に実名で・・・。 
その内容も、分かる人には分かるもので・・・。 
先生の意図された通りに掲載されたのかどうか分かりませんが、自らの立場を悪くする可能性もあるのに思い切ったことです。 
その内容は、どこかの記事で読んだ”成人式での惨状”に似ているような気もしますが・・・。 
一石を投じるつもりで投書されたのでしょうけど、結果は、何もなくて終わった? 
事の真意は、やはり当のご本人に、その新聞でも持って行って聞かれるのが一番良いかも。 
私だったら、こっそりご本人に聞くと思います。 
マスコミの利用は両刃の剣だと私は考えています。 
用心をするならば、匿名も可能だったでしょうけれど。 
 
世の中、甘えがはびこっていて自分勝手な人が確かに多くなったのでしょう。 
公の場で自分の我を通す。 
全体の秩序を乱しても平然としている人が多い。 
その部分が入学式に見えているのでしょうか。 
「これで良いのか…みんなで考えてみよう!」 
どんな形にしろ、その機会を与えて下さったのなら、その先生の投書は生きてくるのかもしれません。 
 
追伸: 
 私がその先生だったら、投書はしなかったかも。

E-MAIL 


えっ、先生そんな事しちゃったのー。…99年9月22日(水曜日)16時15分36秒 
by yashiさん

それはPTA総会の開催準備にバタバタとしている時のことでした。「えっ、先生そんな事しちゃったのー。」この言葉がわたしたち役員の第一声でした。別に、近頃よくマスコミで話題になている、Hな先生の話ではなかったのですが、わたしたち現役の役員にとってはこれからどー対処して良いのか、ちょっと考えさせられてしまいました。 
実は、ある超ベテランの先生(とっても熱心で親からも子どもからも人気がある先生です)が、毎日新聞に実名でおまけに「教員」とまでしっかり書いて投書してしまったのです。その内容というと、我が校の入学式の惨状を嘆いたもので、「わがままな親と子ども」のような、読めば誰の事を指しているのかすぐ分かるようなものでした。PTA役員なので来賓として入学式には出席していたのですが、校長先生のお話の最中に自分の子どものビデオを撮るために立ち歩く父親がいたりして、良くないなぁ位は思ったのですが、そんな事はまだ序の口で、「子どもが嘔吐してしまい、先生方が始末したのに、お礼の一言もなかった」とか「記念撮影の時、孫の側から離れなくて児童席から立たなかったお祖父さんがいた」とか(まだまだありましたが省略します)書かれてもしょうがない様な人たちが沢山いたのでした。 
それで、わたしたち役員は何をしたかというと、この事が大きな騒ぎにならない事をお祈りしたのでした。結果は、そのかいがあったのか、まるで何事もなかった様に日々は過ぎていき、夏休みになりました。 
その時はそれで良かったと思っていたのですが、今思うとその先生はこの学校の親たちに一石を投じようとしたのでは・・・なんて思えるので、このまま知らん顔しててよいのかなぁとも思います。まだ、任期が半分あるうちに何か出来る事はないだろうか(校長先生との兼ね合いもあってとっても難しいんだけど)と。(何かするとしたらやっぱりPTA役員が動かないとねぇ) 
もし、皆さんの学校でこんな事があったらどうしますか?役員をやっている方で何か良いアドバイスがあったら教えてください。

E-MAIL 


ptaは組織なのです…99年9月17日(金曜日)07時56分33秒 
by pion7(横山常巳)さん

現在、副会長の選出について検討〜改革を進めています。 
役員のみなさん、特に現在の副会長さん方々には、臨時会合が増えて(気の毒なぐらい)大変だと思います。 
今年度は、そのような事をします・・・と事前に話していたので、覚悟の上で副会長になられた人ばかり何ですが。 
論点をしぼって、あるいは論点をしぼるための会合や聴聞会を開きました。 
一般会員(こういう言い方は個人的には好きではありませんが)の意見もアンケートや聴聞会で吸い上げてきました。 
苦労の甲斐あって、方向性が決まってきたと思います。 
一つ一つ問題を整理しながら、事務的な作業も進めてきました。 
今年度の役員さんは(今年度も)精力的に動いてくれるので、私も負けてはおれません (^^;; 
ptaは組織・・・だなあと思うことがありました。 
というより、その組織もそこに居る人たちによって変わるものだと、つくづく思います。 
どんなに構造を変えようとも、その組織を運用し動かしている人の考えや器の大きさの影響の方が大きいと。 
pta会長は、一人では何もできません。 
私の母校でもあり、5年間会長をさせて頂いたpta。 
出来るだけ良い形にして、出来るだけ適任者が入りやすく・・・出来るだけ皆が納得する形にして私も卒業したい。 
組織は、人の力を収束し、そして分散させていく。 
会長はいわばptaの最高責任者でもあり、最高の管理職。 
副会長選出の検討と改革に乗り出して、今、いろいろと教えられる事が多いですわ。 
ptaでも報・連・相のほれんそうが重要だなと感じているところです。 

E-MAIL pion7(横山常巳)さんのホームページ


RE:全員参加…99年8月22日(日曜日)18時14分43秒 
by 金山 武さん

RE:全員参加 
 
服部さんこんにちは 
金山です。 
 
掲示板への記入ありがとうございます。 
 
PTAの本来の在り方はボランテイアです。 
PTA発祥の地アメリカでは、ボランテイア活動としてやっているようです。 
日本でもPTAのない学校が増えています。 
全員参加が良いか、任意参加が良いか色々議論のあるところです。 
PTAが何をやるかは、会員の話し合いで決めるべきです。 
色々話し合って皆が喜んで参加出来る行事をやっていくのが本来の姿です。 
役員選びのときから、じゃんけんなどで決めて、役員自身がただ去年やったからという理由だけで行事をやっている面がないでしょうか。 
廃品回収のPTAが行う今日的意味をどのように考えるのか。 
昔は、廃品回収は良いお金になったので、PTAの活動資金を集める有効な手段としての意味を持っていたと思いますが、今日では最も効率が悪い資金集めの手段ではないでしょうか。 
廃品回収は止めている所が多いと思います。 
そして、もしかすると資金集めそのものも必要ないのかも知れない。 
PTAが何をすべきなのか。 
そのための資金はどうするのか 
その辺の話し合いが不充分な気がします。 
プール当番も、昔は役員だけで間に合っていたと思いますが 
最近は少子化で手が足りないのでということなのでしょうか。 
夏休みに1回ぐらいの事が出来ないのかどうか。 
先生はペーハーを測ったりそれなりの役割を果たしているのではないでしょうか。 
最近は、プールの事故が増えています。 
プール掃除のときに、蓋がボルトでキッチリ締まっているかどうか。 
もし、子どもがおぼれていたらどうするのか 
そういう講習も必要だと思います。 
まあ、先生に知らせれば良いと思いますが、その辺の連絡体制とかの打ち合わせも必要だと思います。 
日本の場合は、水に対する考えが甘いと思います。 
本来はプールの監視員は、それなりの訓練が必要です。 
いつまでも素人任せにしておいてよいのかどうか。 
フルタイムでお仕事をされているとのことですが 
私もサラリーマンですが、PTA会長のときは有給休暇を全部PTAに使いました。 
有給休暇は、社会的な責務を果たすためにも、法律で保証された権利です。 
休暇が取りにくいと事があるとすれば 
そちらの方が問題ではないでしょうか。 
最近は不景気のせいで、休むのも厳しいところがあると思いますが 
日をやりくりするとか、代わってもらうとかできないのでしょうか。 
どこの学校でも、親がPTA活動をさぼったからといって 
子どもに不利益が及ぶと言う事は、絶対にないはずです。 
本来PTAは子どもを縁として、親同士仲良くなるための団体だと思います。 
いま、生きる力ということが言われていますが。 
レンジャー隊員のように強い子どもをつくる事ではないと思います。 
仲良く、弱いものを助け合いながら共に生きていく力だと思います。 
基本は人間社会の中で、他人を信頼する事が出来る力だと思います。 
地獄も極楽もその人が作り出すものではないでしょうか。 
こんな話しがあります。 
あらゆる化粧品が整っていて、そこで皆が、一日中化粧をしている。 
そして、どう私は美しいでしょうと周りの人に自慢する。 
けれども、誰も彼もが、どう私は美しいでしょうと 
美を争って誉めてくれない。 
あるとき、あなたは美しいとほめて見た。 
すると、天国というところに転勤になった。 
そこでは、誰も彼もが、ほめあっていた。 
転居まで考える前に 
良い所を見る訓練をされたら 
いかがでしょうか。 
全員参加の土地柄なんて 
結構中に入って見ると 
やさしい人ばっかり 
だったりする。 
ということもあるかも知れない。 
と思いますが。 
皆さんの意見は。いかがでしょうか。 

E-MAIL 


現在、必至こいて、マニュアル作成中…99年8月22日(日曜日)15時08分16秒 
by yoshiさん

はじめまして。 
わたしは、東京の杉並区の小学校で「書記」というPTAの役員を2年続けてやっています。 この学校のPTA役員は、役員のうちの誰かが、2年続きで残るという悲しい伝統があります。そして、今年は、わたしが見事にこの伝統を踏襲いたしました。(役員の互選の時、副会長をという動きがありましたが、人前でしゃべるのが嫌いなので、「書記」を死守しました。) 
去年1年間やってみた感想は、引継ぎや連絡伝達の指揮系統が、全然出来ていなくって、年度の始めは本当にバタバタして、それなりに仕事を持っているわたしとしては、体にも気持ちにも余裕がなくなってしまいました。毎年こんなドタバタやっているのかなぁと思うと、何か情けなくなちゃって、「誰かが残る」という原始的な引継ぎではなく、「それを読めばみんながわかる」ようなもの(マニュアル)を作ろうと思い、物好きにも2年間お勤めする事にしました。 
規約には「誰かが残らなければいけない」なんて書いてないので、この悪習慣を今年で絶ちきろうと思います。それは、人が途切れないという事で、いつも同じようなメンバーが役員になってしまうからです。(もちろんこれには、役員の選出の仕方にも大きな問題があるのですが) 
今は、たくさんの人がPTAの役員を経験して、そして1年の終わりには「以外と簡単だったね」という感想が残せるような、マニュアルを作ろうと思っています。 
その他に、「PTA規約」がとても時代遅れになってきているのでその見直しと児童数の減少に伴ってPTA会費が先細りになっていくので「ベルマーク回収」を始めようと思っています。 
そこで、皆さんにお聞きしたいのですが、皆さんベルマークでどんなもの買っていますか? 
教えてください、よろしく願いします。 

E-MAIL 


全員参加の掟…99年8月21日(土曜日)11時41分15秒 
by 服部 恵美さん

はじめまして。PTAで検索してここにきました。 
子供が小学校へ入学してからあまりにも学校関連の 
仕事が増えて少々滅入っていたので少し愚痴をこぼさせて下さい。 
現在、私はフルタイムで働いています。  
昨日突然、「これから廃品回収は毎回父兄全員で行いますから  
来週木曜日の夜7時の説明会に集まって下さい。」とPTA役員さんから  
連絡がありました。  
みんなが我慢してやっているから、あなたもやりなさいと  
いう雰囲気でとても辛く感じました。  
もしも、参加できなかったら(その可能性が高い)  
子供の立場が危うくなるのでしょうか?  
家庭の事情もありますし、そうまでしてしなければならない 
仕事だとはとても思えません。PTA役員も押し付けあいの状態で 
PTAという組織そのものを解体してしまったほうがいいと思うのは 
私の身勝手でしょうか? 
 
この辺りの学校は夏休みのプール当番もすべて父兄が  
行います。(先生は職員室の中)  
子供会は強制ではないので参加していませんが、  
行事のすべてに親が全員参加しなければならない土地柄です。  
どこの地域でも同じようなことがあるのかもしれませんが  
真剣に転居を考え始めた私です。 
 

E-MAIL 


re:子どもと子供…99年8月10日(火曜日)16時56分18秒 
by pion7さん

「子供」と「子ども」の表記について、以前どこかのweb-siteで議論されているのを読んだことがあります。 
いわく、こども→子供 ですが、二文字熟語で使うならば、子供が正解だと言っていました。 
つまり、”大人”を”大とな”とか”説明”を”説めい”、”解釈”を”解しゃく”と貴方は書くのですか? 
・・・という問いかけでした。 
平かなで”ども”を書いて、子どもとした場合、子達という意味になるのだそうです。 
国語問題研究会という所で議論されていましたから、確かなのかなと思っている次第です。 
あっ、ちなみに”国語問題研究会”は正統表記で書かなければなりません。 
 
思想がどうのと言う前に、言語の乱れ・・・という事で論ぜられていたように記憶しています。 

E-MAIL 


子供と子ども…99年8月10日(火曜日)14時57分04秒 
by 金山 武さん

子供と子ども 
はっきり言ってどちらでも良いと考える人が多い中で 
その違いをもう少し簡単に説明していただけたらと思います。 
「子供」と言う言葉の中に、子供の権利を制限する意味が含まれているために 
こどもの権利を無制限に認めるべきだという考えから「子ども」と表記すべきだとの風潮に反対する。 
その事は、多分「国旗国歌問題」、近隣条項による外国による教育干渉、「所沢高校問題」などに対する評価の問題が含まれているのだろうと思います。 
戦後の教育の見直しの中での問題提起として受け止めさせていただきます。 
身近には8月8日に部落の夏祭があったのですが、部落の自治会の班長をしている関係で動員されて、手伝いに行ってきました。 
「子供御輿」を出すとかで、子供達が集まっていました。 
「氷やさん」やら、「やきそば」「カレー」などが振る舞われました。 
「カレー」は例の事件があった後なので、業者に「ご飯」も「カレー」も注文して作ってもらっているようでした。 
「子供御輿」は数年前まで、樽御輿でしたが、ある個人が本物の子供御輿を寄付してくれたとかで、ピカピカの御輿でした。 
今の子供達は、力がないのか、50メートルぐらい担いだところですぐリヤカーに乗せて村内(部落内)巡回ということになってしまいます。 
まあ、町では直ぐ宗教の自由とかなんとか言い出す人がいて、ぶち壊しになるところですが 
田舎はその点、みんな大人ですのでそんな事もなく和気藹々として楽しめます。 
テントには「○○子供会」と書いてありました。 
文部省も「子ども」にこだわらずに、歴史的な呼称を認めるべきではないでしょうか。 
国旗国歌も圧倒的多数で決まったことだし。 
その流れをもう少し、推し進める必要もあるとの提案かと思います。 
皆さんの御意見は如何でしょうか。 
 

E-MAIL 


ホームページできました。…99年8月6日(金曜日)23時06分05秒 
by 矢玉四郎さん

前の書き込みのホームページは無効でした。 
こんどのは、ほんものです。見てやってください。 
それにしても、ひまなところですね。ありがたく 
利用させていただきました。 
「矢玉四郎 はれぶたのぶたごや」です。 
リンクもおねがいいたします。 
ほんとはやさしい童話作家です。

E-MAIL 矢玉四郎さんのホームページ


文部省が子供を抹殺した。…99年8月2日(月曜日)13時05分13秒 
by 矢玉四郎さん

●文部省が「子供」を殺した。 
国立国会図書館に国際子ども図書館なるものが作られようと 
しているので、「子ども」は間違いだと、指摘しました。 
そのために、わざわざ所属する日本児童出版美術家連盟から、 
子ども図書館設立準備委員になりました。 
国会議員連盟会長の村上正邦氏より「正しい日本語にしなければ 
いけない」と返事をいただき、国会図書館にも伝えました。 
そのうちに「子供図書館」または「こども図書館」となるはずです。 
ご注目ください。おどろくべきことに、文部省が「子供」という字をまっさつし、 
「子ども」と書くようにしているらしいことがわかりました。 
毎日新聞に最近のった写真に文部省の外壁に「子ども」と書いた 
垂れ幕がさがっているのがありました。さらにインターネットを 
つかった「子ども放送局」もはじまるようです。 
文部省には文をおくってあります。「ご意見うけたまわりました。」 
という返事のみ、村上議員から話がいったあとに、うけとりました。 
それまでは、むしされていましたが。 
くわしくは、季刊誌「ぱろる9、10」パロル舎をごらんください。 
六年でならう子供という字を書けない公務員は首にするべきです。 
そのうち本を出します。ホームページも。中学の国語の文法の知識でわかることです。 
子どもと書けば、子共となり、ガギドモという意味になります。子供とは違う語句です。

E-MAIL 矢玉四郎さんのホームページ


参考になります…99年7月12日(月曜日)11時13分14秒 
by 中山さん

金山さま 
 
ありがとうございます。 
今週、みんなで集まって考えを詰め始めましょうということになっています。 
今回、役員をさせていただくのは2回目で、いきなりの副会長だったので 
とまどうことばかりです。 
いろいろ相談しながら考えていきたいと思います。 
また、ご報告に上がります。 
ありがとうございました。

E-MAIL 


名は体を表す…99年7月12日(月曜日)09時22分13秒 
by 金山 武さん

PTAの役割も時代とともに変化していきます。 
組織の名前もより活動の内容がわかるような名前にしていく必要があると思います。 
参校までに(案)を考えて見ました 
本部:センター 
文化部:教養部、生涯学習部、家庭教育など(全国大会の分科会としては、家庭教育、学校教育、国際理解、人権教育などが含まれるようです) 
厚生部:健康安全部 
広報部: 
補導部:健全育成部、教育環境部、地域連携部など(最近は、環境の影響が大きくなってきており、外部に対する活動が急務になって来ている。因みに全国大会の分科会では地域連携(地域・環境)となっている) 
など 
 

E-MAIL 


PTA役員の名称について…99年7月9日(金曜日)21時02分12秒 
by 中山由愛さん

みなさま、こんにちは。私は広島県の小学校のPTA副会長をさせていただいて 
います。この度、PTA役員や各部の名称について教えていただきたく、おじゃま 
いたしました。 
例えばうちの小学校のPTAは会長、副会長、会計、書記、幹事で「本部」となり 
各部は学年部、文化部、厚生部、広報部、補導部という名称です。 
「本部」というのは威圧感があり、「補導部」も悪いイメージだということで 
名称の変更を考えております。 
みなさまの学校ではどのような名称でどういう活動をされていらっしゃるのか 
さしつかえのない程度で教えていただけますでしょうか。 
いきなりおじゃまして、ぶしつけですが、どうぞよろしくお願いいたします。

E-MAIL 


タイムカプセルについて…99年6月28日(月曜日)18時18分10秒 
by 中澤 智さん

平成10年度群馬県北群馬郡の小学校のPTA会長をしていたものです。 
私より2,3歳若い人たちが小学生時代に校庭にタイムカプセルを埋めました。 
掘り出すのは’2000年2月’と碑に書いてあるため平成11年度PTA役員や 
関係者と会議等を行っています。 
ただ近隣でもタイムカプセルを掘り出したところが無く、式典等を行うのに 
どのような方向にしたらよいか、みんなで考えているところです。 
どちらかの学校でこのような行事を行ったところは有りませんか。 
是非、参考にさせていただきたいのでお教えください。

E-MAIL 


学び座…99年6月24日(木曜日)19時38分01秒 
by 匿名さん


卒論たいへんですね…99年6月9日(水曜日)08時27分37秒 
by 金山 武さん

こんにちは 
佐々木さん 
金山です 
 
卒論たいへんですね 
わたしにも娘が2人大学に行っています。 
卒論を書くのでしたらもう手に入れられたかもしれませんが 
日本PTA全国協議会の50年誌が丁度でたところなので 
ご覧になったらいかがでしょうか 
PTAの50年間の動きが大分詳しく出ています。 
まだ、いくらか残部があると思います。3から4千円くらいかな 
日本PTAの連絡先 
nihonpta@corel..ocn.or.jp 
電話03−3433−2523 
坂内事務局長 
です。 
6/8金山 

E-MAIL 


卒論でPTAを…99年6月8日(火曜日)02時03分09秒 
by 佐々木ひろこさん

はじめまして。私は大学4年なのですが、卒論でPTAについて書きたいと思っています。 
テーマは「PTAと地域の連携の必要性」です。今の時代、家族の形態も多様化し、家庭だけ 
での子育ては難しくなっていると思います。ですから、家庭、学校、地域が手を取り合ってい 
かなければいけないのではないかと思っています。 
これを卒論にまとめたいのですが、もうすでに壁にぶつかってしまいました。地域と連携し 
ているPTAが少ないのです。 
そこでみなさんの意見などを伺いたいのです。「うちのPTAでは地域とこんなふうに連携 
している」などの事例やご意見など、なんでもいいのでお願いします。

E-MAIL 


PTA会長の茶髪…99年6月6日(日曜日)10時07分01秒 
by きんさんさん

6月2日の群馬県PTA連合会の総会に行ってきました。 
会場をみると、ちらちらと、茶髪や金髪、総髪を後ろで縛った人など。 
結構進んで来ています。 
茶髪や金髪のPTA会長の所は、先生は子供達に規制を続けているのかしら。 
どうしているいるのかな。

E-MAIL 


むかしむかしPTAは…99年6月2日(水曜日)05時16分16秒 
by 金山 武さん

みなさんkanayamaです。 
「あたらしい時代を拓く」とうい題名の本(日本PTA全国協議会発行)が来ましたので見て居ましたら面白い事が書いてありました。 
昭和23年の9月からNHK(ラジオ)が占領軍の指令で、毎週木曜日3時から3時30分までの30分間、PTAの時間というのを放送していた事が書いてあります。(いつまで続いたかは書いてませんが) 
日本の民主化をPTAを通じて行うのが最も効果的と判断した占領軍が。占領意図の遂行に不可欠としてPTAを広めるために、放送まで使って普及に努めたことが読み取れます。 
途中PTAが従来の学校後援会的な活動になってしまったこと。 
多いときで89億円もPTAが教育費を負担していた事。先生の給料まで払っていたこと。 
特に給食職員をPTAで負担していた例が多かったようです。 
それらが昭和35年12月の文部省体育局長通達で地方職員への切り替えが行われた事など。 
先生を勤務評定して配置転換や首にできることを目的とした法律(勤務評定法案)に対する組合の闘争からはじまった、PTAと組合との対立など。 
最近の組織の問題、これからの課題など。 
また、どなたかが提起しているPTAの解散論のことなど。(昭和44年兵庫県教組によるPTA解散論なども出ています。)提起された問題は今でも変わっていないようです。面白いのはその主張が機関紙「日本PTA」にのっていること。(普通はのせない、さすがPTA。) 
など結構楽しめます。 
各県のPTA連合会には配られているはずですので、是非ごらんになって下さい。 
5月27日 
kanayama

E-MAIL 金山 武さんのホームページ


「学び座」試写会…99年5月10日(月曜日)12時41分03秒 
by 中澤 智さん

4月22日、北群馬郡小中学校PTA連合会で「学び座」試写会を行いました。 
新年度への引継のための理事会に続いて、新旧研修会として実施しましたが、あっという間に 
時間が過ぎてしまうほど、引き込まれる映画でした。 
郡Pの総会も間近で任期を終えるにあたり、ちょっと思考の違うものを郡P事務局の協力を 
得てできたことはとても有意義でした。 
2度目の投稿ですが、皆さんの意見をいろいろ参考にさせていただいて、任期の1年間を過ご 
せたことに感謝します。新年度PTAに、かかわる方のご活躍をお祈りします・・・。

E-MAIL 


教職員から会費もらってないんですか?…99年4月30日(金曜日)18時59分58秒 
by 勝部繼弘さん

兵庫県西宮市立浜脇小学校の勝部です。 
教職員は、T会員ですから(保護者はP会員)当然同額頂いています。 
PとTが対等になるべきですので、本校では先生に優遇されていた慶弔内規も 
ほぼ同等に改正致しました。 
本校に限らずに西宮市内の学校は、ほぼこの方向性でやっていると思います。 
しかし、児童数減によるPTAの財政は逼迫してきており、会費の値上げは時間の問題に 
なってきました。 
本校では問題はないのですが、市内の学校では会費納入拒否の方がいる所もあり、 
値上げは余程慎重に会員のコンセンサスを得る形でないと難しいと思います。 
 
PS 
マンション問題で、地域自治会長・関連諸団体長の署名付の要望書を市長さんに直接お渡し 
て訴えました。行政指導の結果、根本的解決は無理にしても、多少の妥協案を業者から 
引き出す事ができました。PTAで出来る範囲はこの程度が精一杯だと思っています。 
 
 
 
 

E-MAIL 勝部繼弘さんのホームページ


教員からのPTA会費・・・…99年4月26日(月曜日)13時53分54秒 
by 穂紫蘇さん

はじめまして!名古屋から投稿させていただきます。 
 
自宅での仕事なので役員(委員?)をお引き受けいたしました。 
自信はありませんが、少しでもお役に立てたらと立候補。 
1年間、がんばってやっていきたいと思います。 
 
さて、みなさんにお尋ねしたいことがあります。 
それはPTA会費のこと。 
現在児童または世帯からの収入で運営しているところも多いと思いますが、 
教員からのPTA会費を収入に入れていらっしゃる学校はありますか? 
 
これからの少子化による収入減はもちろんですが、 
保護者と学校が対等なパートナーであるためには、 
教員からもPTA会費をいただいた方がいいと思うのですが・・・。 
 
全国の状況を知りたいと思い、アップしました。 
皆様のご意見をお聞かせくださいませ。

E-MAIL 


PTA父親部つくろっかな!…99年4月24日(土曜日)23時13分08秒 
by 中萩勇紀男さん

PTA(hp)を拝見させていただいて、昨年から気になっていた「父親部」作りに勇気付けられました。母親部長さんは「やれやれ!」「予算つけたろか!」と励ましてくれますが、近所の居酒屋で細々と旗揚げしようと、考えています。いろいろな取り組み方があるようなので、今年うまいこといったら、顛末を報告します。これからもよろしく(三重県 安芸郡 河芸町)

E-MAIL 


子供の安全確保はいかにすべきか…99年3月31日(水曜日)00時21分44秒 
by 勝部繼弘さん

引き続き、西宮市立浜脇小学校PTAの勝部です。 
先日、第3回説明会があり、業者の方から一方的に話し合いの打ち切りを宣言されました。 
たった1回の交通量調査で車が国道にでるより、学校側に出る方が安全と断定し、 
住民や地域団体の意見を無視する強硬な態度でした。 
おそらく、不景気でたださえマンションが売れていないのに、工期が遅れれば損害が大きいので 
早く着工したいのでしょう。 
 
建築そのものは今の法律では合法的なので、市に自治会を始め地域諸団体と連携して 
要望書は出していきますが、認可されるのは時間の問題かもしれません。 
業者にモラルで訴えていきましたが、デベロッパーはデベロッパーのモラルしかなく 
今後は、学校など児童が集散する施設に隣接する開発に規制をかける 
法整備が必要だと思います。 
 
本校PTAのHPのURLをお知らせします。 
良ければご覧下さい。 
 
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hmkspta/ 
 
 
 

E-MAIL 


小学校正門前にマンションの駐車場が・・…99年3月22日(月曜日)17時41分40秒 
by 勝部繼弘さん

はじめまして 
私は、西宮市立浜脇小学校PTA会長の勝部と申します。 
題名にもありますように、本校正門前北側道幅6mの一方通行道路を 
隔てたところに15階だて90戸・72台駐車場の大型マンションの建設計画が 
出されております。 
業者の出した計画概容によると駐車場の出入り口が、ほぼ正門前に3個所設計されていました。 
マンション建設予定地の北側が国道に面していますが、近隣商業地域と住宅専用地域との 
境界からくる建設効率を理由に学校側に駐車場の入り口をもってきたのです。 
工事中の安全確保もありますが、マンションが出来てしまってからの車の出入りの方が 
大きな問題です。 
配達や来客などもいれると90台近くが校門前の狭い道路を出入りする事を想定すると 
危ないとしかいいようがありません。 
ただ、PTAは公務員であるT会員を含んでいますので、 
全面反対というのは難しいものがあります。 
しかし、児童の安全に関わる事は、要望はだせると思い近隣説明会で国道側に入り口を移動してほしいと訴えました。 
業者の回答は、端的にいうと儲からないからできない経済優先の答えでした。 
たとえ、合法的であっても児童にとって危険というモラルはないのでしょうか。 
教育委員会や校長、教頭先生は危険と思っていても合法的なものには、悲しいかな 
手も足も出ません。 
今後は地域関連諸団体と連携して要望していきます。 
何か参考になるような事がありましたら教えて下さい。 
 
尚、本校PTAはインターネット委員会を発足させてホームページを開設しております。 
ただ、目的が保護者間交流なので現在、他にはリンクさせてません。 
しかし、他地域PTAとの交流する事でさまざまな問題を解決する糸口になればと 
相互リンクをはらせて頂く方向で話しを進めていきます。 
内部調整がすみしだいURLをお知らせいたします。 
宜しくお願い致します。

E-MAIL 


親のもっと学校を知りたいと言う要望…99年2月20日(土曜日)00時03分45秒 
by 斉藤 郁男さん

 先日、NHKで教育問題を扱った長時間の番組があって、ちょっと見ました。子供は率直、素敵な意見がたくさんありまして、面白いと思いました。ところが親の意見はと言いますと、金科玉条、人任せ、がっかりしました。一番腹が立ったのが、学校の事をもっと教えてほしい、と言った親の意見があったことでした。学校がお知らせしてくれと依頼をしてるわけです。私から言わせると、フザケルナ です。PTAの役員のなり手を探すのは大変です。今日も来期の役員依頼をするために会合を持ってきました。上の意見を言う親御さんがPTAの本部役員をやってくれるか聞きたいものです。何何してくれるいう受動的物言いはやめてくれと言いたい。親は他人の子供もひっくるめて親らしくしろと言いたい。私の子供は障害児です。受け入れてくれている学校に感謝をしてPTAにも参加しています。我が子の参加できない行事にも役員として参加します。ここに我が子がいたらどんなにいいだろうと何度も思いました。そんな思いで役員をしているのです。

E-MAIL 


1/1