第48回群馬県幼小中養護学校PTA大会

資料集目次にもどる

平成13年11月14日

第48回群馬県幼小中養護学校PTA大会が群馬県沼田市の利根沼田文化会館で開催された。
出席してきたので概要をお知らせいたします。

会場
歓迎

沼田は結構寒かった。寒い中、中学生のブラスバンドが歓迎の演奏をしてくれた。ありがとう。
表彰式

松島前会長はじめ47団体と52名の個人表彰
特別団体表彰(渋川市豊秋小学校PTA)
退任役員、理事、専門委員43名の表彰が行われた。

例年だと延々と表彰が行われるのだが、総務委員会のアイデアでで、今年は代表者のみを全体会で彰を行い、空いた時間に分科会の時間を設けた。
なお、個別表彰は、分科会の時間に別室で会長から全員に表彰状が渡された。
第1分科会

実践発表部会
@利根村立多那小学校PTA
A沼田市立沼田東小学校PTA・県立榛名養護学校(沼田分教室)PTA
B沼田市立薄根中学校PTA

何れも素晴らしい発表であったが、特にAの養護学校の子どもたちと小学校の子どもたちの交流が日常的に行われているとの発表には感銘を受けた。
第2分科会

家庭教育部会(沼田市母親委員会の発表
第3分科会

教育改革部会(講義)
「学校が変わる教育が変わる」
講師:文科省教育改革広報推進室長
講演「大人が変われば子供も変わる

講師:衆議院議員 森田健作 先生


「出る杭は打たれる、出すぎた杭は打たれない」
「親の言うことを聞かない子供はいっぱい居る。
しかし、親の背中を見ない子供はいない。」
ご苦労さん会

ご苦労さまでした。
お陰さまで1300名を超える参加者が。
準備に参加した人のうちから160名が参加。
「尾瀬太鼓」の皆さんも友情出演。

、今年は沼田市連合会の主管でしたが、西毛ということで渋川市の連合会も応援するなど協力体制がとれました。
また、随所に工夫が凝らされていていました。
特に、分科会方式も取り入れて、例年に無く有意義な会になったと思います。
単なる、県の大会に終わらせること無く、しっかり自分たちの活動を確認する会になったと思います。
ご苦労さん会では、160人もの出席者がありました。
沼田の単Pの会長さんを前に出だしてのねぎらいの言葉も行き届いていました。
沼田市PTA連合会の高橋会長さんありがとうございました。



資料集目次にもどる